top of page

スターラックス、台北(桃園)―福岡線に新規就航

台湾の航空会社、スターラックス航空(星宇航空)は11月24日、2022年2月17日から台北(桃園)―福岡線に新規就航すると発表しました。 即日より航空券の販売を開始しました。

日本への就航は、成田空港、関西空港に次いで3路線目となります。 2月は週1便、3月以降は週2便運航し、需要を見た上で増便する予定です。

スターラックス航空は、すでにマカオ、ペナン、バンコク、東京、大阪、シンガポール、クアラルンプール、ホーチミン、マニラに就航しています。

スターラックス航空 https://www.starlux-airlines.com/ja-JP

関連記事

JAL貨物機、14年ぶりの台日間運航

日本航空(JAL)が2月19日、14年ぶりとなる台日間の貨物機を運航しました。日本航空は14年前、事業縮小の際に所有していた国際線の貨物機を全て売却しており、これまでは旅客機のスペースを利用して貨物を運んでいました。今回運航した貨物機は、 自社で運航していた中型旅客機ボーイング767-300ER型機を改修したもので、上部荷物室最大積載量32トン、下部荷物室最大積載量16トン。台湾と日本の航空貨物市

スターラックス航空、旅客機3機と貨物機5機を購入

台湾の星宇航空(スターラックス航空)がシンガポール・エアショーで2月21日、エアバスの貨物専用機A350Fを5機(1機あたり3億1,300万米ドル)、旅客機A330neoを3機(1機あたり2億6,500万米ドル)、合計23億6,000万米ドルの購入契約をおこないました。貨物機のA350Fは2027年より、旅客機のA330neoは2025年より引き渡しを受け、A330neoは中長距離の路線へ導入され

台湾-日本線が大幅増便、ビジネスや観光の需要増加

TSMCの熊本工場設置による九州線のビジネス・観光需要の高まりや、桜シーズンによる観光需要の高まりから、台湾-日本路線が大幅に増便されています。中華航空(チャイナエアライン)は台北-熊本線えお週4便から週5便へ、台北-福岡便を週16便から19便に増便します。3月末には中華航空の九州便は週24便となり、台湾の航空会社で最多の便数となります。このほか、台北-名古屋線を週7便から11便に増便します。長榮

bottom of page