スターラックス、札幌・沖縄に新規就航

台湾の航空会社、スターラックス航空(星宇航空)は9月12日、10月28日から台北(桃園)~札幌(新千歳)線、沖縄(那覇)線に新規就航すると発表しました。


日本への就航は、東京、大阪、福岡に次いで5路線となります。

札幌線、沖縄線はいずれも毎日1往復の運航です。


また、運休していた台北(桃園)~ベトナム・ダナン線も10月28日に運航を再開します。


スターラックス・エアラインズ

https://www.starlux-airlines.com/ja-JP

関連記事

中華航空(チャイナエアライン)は9月28日、新型コロナウイルスの水際対策緩和の発表を受け、特に11月と12月に航空券の予約が急増したと説明しました。 原油価格の高騰、インフレなどにより、航空券価格は当面高止まりすると予想されます。 中華航空(チャイナエアライン) https://www.china-airlines.com/jp/jp#

台湾は早ければ10月13日から2年半ぶりに海外団体旅行の催行と受け入れを解禁する方針で、日本は11日より個人旅行と短期滞在ビザの取得免除、受け入れ解禁の方針を表明しました。 日本旅行の需要が高まるため、日本行き航空券価格はコロナ前に比べ20~30%上昇しており、2023年の旧正月には50%になると予測しています。

行政院が9月22日、新型コロナウイルスの水際対策を緩和すると発表したことを受け、航空各社が相次ぎ増便を発表しました。 中華航空(チャイナエアライン)は、10~12月に全線で計5割増便し、週300往復を運航します。 長栄航空(エバー航空)は、10月の旅客便を週165便に増便します。 星宇航空(スターラックス・エアラインズ)は、札幌(新千歳)線、沖縄(那覇)線を週1便開設し、東京便、大阪便は増便します