スマホでチャージできる「スーパー悠遊カード」を発売

台湾の交通系ICカード「悠遊カード」運営会社の悠遊卡公司は10月4日、NFC(近距離無線通信)技術を搭載された、スマートフォンでチャージができる「超級悠遊卡(スーパーカード)」を発売しました。


価格は150台湾元(約685円)で、限定4万枚、インターネット通信販売サイトの「momo購物網」で販売しています。

スーパーカードの支払い上限額は1回当たりの1万元と、一般の悠遊カードの1500元を上回っています。


関連記事

10月13日から新型コロナウイルス感染症の水際対策が大幅に緩和され、人の往来が頻繁になりました。 桃園国際空港の11月25日の発表によると、10月の利用客は延べ67万1000人で前年同月の9.7倍に増加しました。 1~10月の利用客は271万人で、前年同期の3.6倍でした。

山と海に囲まれた台湾北部の港湾都市、基隆市で新たなランドマーク「基隆タワー(基隆塔)」が間もなく完成します。 上部は全長87メートルの橋で構成されており、山上の中正公園とつながっています。 展望台からは基隆港を一望できます。

12月1日から台北市内のドリンクスタンドやカフェで、プラスチックカップの提供が禁止されます。 違反した場合は、業者に対して1,200~6,00台湾元(の罰金が科されます。 台北市政府環境保護局(環保局)は11月23日、業者の9割が紙カップなどの代替品の準備を完了したと説明しました。