セブン-イレブン1万店目、台南でオープン

コンビニエンスストア=、セブン-イレブンを展開する統一超商は7月12日、アジアで1万店目となるセブン-イレブンを台南市にオープンしました。 台南市は、統一企業の創業の地です。 統一超商はセブン-イレブンを、台湾で6503店、中国浙江省、上海で200店以上、フィリピンで3104店展開しています。

関連記事

10月13日から新型コロナウイルス感染症の水際対策が大幅に緩和され、人の往来が頻繁になりました。 桃園国際空港の11月25日の発表によると、10月の利用客は延べ67万1000人で前年同月の9.7倍に増加しました。 1~10月の利用客は271万人で、前年同期の3.6倍でした。

山と海に囲まれた台湾北部の港湾都市、基隆市で新たなランドマーク「基隆タワー(基隆塔)」が間もなく完成します。 上部は全長87メートルの橋で構成されており、山上の中正公園とつながっています。 展望台からは基隆港を一望できます。

12月1日から台北市内のドリンクスタンドやカフェで、プラスチックカップの提供が禁止されます。 違反した場合は、業者に対して1,200~6,00台湾元(の罰金が科されます。 台北市政府環境保護局(環保局)は11月23日、業者の9割が紙カップなどの代替品の準備を完了したと説明しました。