top of page

タイガーエア台湾、2020年に株式上場へ

チャイナエアライン(中華航空)は8日、 傘下のタイガーエア台湾(台湾虎航)を 来年第4四半期に株式を上場させることを決定しました。

タイガーエア台湾を上場させるには 規定によりチャイナエアライングループの持ち株比率が70%以下となる必要がある為、 今後は株式の売却や現金増資方式で比率を引き下げる方針です。

タイガーエア台湾の公式サイトはこちら

関連記事

マレーシア、出入国自動化ゲート利用対象に中華民国を追加

外交部が5月24日、マレーシアの出入国審査の自動化ゲート利用対象に中華民国パスポート所持者が6月1日より追加されると発表しました。政府は、中華民国パスポートが自動化ゲートを利用出来る国を増やそうと働きかけており、マレーシアが10番目の国となります。 マレーシアの自動化ゲートの利用には申請が必要で、初回は一般の外国人用の入国審査レーンに並び、手続きをおこないます。出国からは自動化ゲートを利用可能で、

スターラックス航空が台北-香港線の就航を発表、7/16より

スターラックス航空が台北(桃園)~香港線を7月16日より運航開始すると発表し、5月27日より販売を開始しました。1日2便、週14便の運航を予定しています。機材はエアバスA330-900型、A350-900型、ワイドボディ機が使用されます。運航スケジュールは下記の通りです。 JX231 台北(桃園) 08:00 - 香港 09:40 毎日運航 JX235 台北(桃園) 16:50 - 香港 18:3

タイが台湾人旅客のノービザ待遇を6カ月延長、11月まで

タイ政府が昨年、2023年11月10日から2024年5月10日の期間、台湾人旅客が査証なしでタイに30日間滞在できるノービザ滞在を閣議で決定していましたが、タイ政府が5月7日、ノービザ滞在を6カ月延長すると決定しました。11月11日まで、従来通りビザなしで滞在が可能です。外交部はプレスリリースでこの決定を歓迎し、関係省庁による「新南向政策」推進の成果であると述べています。

Comments


bottom of page