top of page

タロコ渓谷で土砂崩れ

タロコ渓谷で土砂崩れ

1月27日午後10時50分ごろ、台湾東部花蓮のタロコ渓谷(中部横貫公路、台8線)の 錐麓トンネル東側付近で長さ80メートルにわたる大規模な土砂崩れが起き、通行できなくなった。 当時通行車両はなく、人的被害はなかった。

発生現場は花蓮方面からタロコ渓谷の宿泊施設などが集中する天祥地区に向かう手前付近。 天祥周辺の一部観光施設は復旧まで営業を取りやめる見込み。 台湾政府によると春節(旧正月)前の2月5日までに片側通行できるようする予定。

関連記事

中国への団体旅行、催行決定しているツアーは6月以降も出発可能に

行政院の卓栄泰院長が5月30日、既に催行が決定していた中国への団体旅行のうち、5月末までに出発が出来なかったものについて、旅行会社と旅客の権益を考慮し、6月以降の出発を認めると発表しました。 台湾から中国への団体旅行は、中国が中国人の台湾への団体旅行を再開しなかったことを理由に募集を停止するよう2月7日に旅行会社へ通知され、既に催行が決定していた5月末までに出発のツアーについてのみ催行が認められて

交通部観光署、台湾観光の新キャッチフレーズとロゴを公開

交通部観光署が5月6日、台湾観光PRの新たなキャッチフレーズ、ロゴなどを公開しました。2011年より13年間使用したキャッチフレーズ「Heart of Asia」から、新しいキャッチフレーズは「Waves of Wonder」となり、ロゴのTAIWANの文字は、台湾の山脈、海洋、道路や鉄道をイメージした曲線を使用したデザインとなっています。 観光署の周永暉署長は、新しいキャッチフレーズやロゴなどは

Comments


bottom of page