top of page

バイクで台湾一周の「不老騎士」、頼副総統と面会

弘道老人福利基金会が主催するチャリティイベント「不老騎士」のイベントは今年で13年連続の開催となり、「為愛千里(愛のための千里)」と銘打ったバイクで台湾を一周するイベントは2019年より開始されています。3月7日に台中市から反時計回りで一周を開始した「為愛千里」のメンバーらが3月14日、総統府へ立ち寄り頼清徳副総統と面会しました。


全29名、平均年齢75歳のメンバーには100歳の郭深森さんや、幼い頃に事故で右足を失いながらも2021年には台湾で最も高い山の玉山登頂に成功した65歳の邱吉興さんなどを含み、頼副総統は、1人1人の騎士が台湾人が見習うに値すると称賛しました。また不老騎士について①夢を追い続けること、②自分に挑戦すること、③公益活動で人助けをすること、この3つの意義があると述べています。

関連記事

「屏東夏祭り」開催、遊園地やアート施設が登場

7月20日から8月25日まで、南部の屏東県で「屏東夏日狂歓祭(屏東夏祭り)」が開催されます。会場となる屏東市の県民公園には、コーヒーカップや回転木馬などを設置した遊園地や、パブリックアートの巨大怪獣「書鴨(シューヤー)」が登場し、親子で楽しめるイベントとなっています。また、アート施設や、没入型の光のアートや、ナイトミュージアムも登場し、親子連れ以外も楽しめるようになっていると、屏東県は来場を呼びか

新潟県で「大地の芸術祭」開催、台湾アーティストの作品も展示

7月13日に開幕した新潟県十日町市と津南町の野外芸術祭「大地の芸術祭ー越後妻有アートトリエンナーレ」で、台湾アーティストの作品が展示されています。文化部台北駐日経済文化代表処台湾文化センターが大地の芸術祭と提携し、台湾の建築家の黄声遠さんが率いる建築設計事務所「田中央工作群(Fieldoffice Architects)」や絵本作家の幾米(ジミー・リャオ)さんを招待しました。「田中央工作群」は東京

Comments


bottom of page