top of page

バンヤンツリーのホテル、台南市安平港で着工

亞果遊艇集團(アルゴヨットグループ)と新加坡悅榕集團(バンヤンツリーホテル&リゾート)が8月15日、台南市安平港で開発中の亜果台南安平遊艇碼頭(アルゴ台南安平ヨットハーバー)にて安平港悅椿度假酒店(アンサナ安平ハーバーホテル)の起工式を行いました。高級リゾートを運営するバンヤンツリーは初の台湾進出で、2027年の完成を目指しています。


アンサナ安平ハーバーホテルの客室は全195室、うち40室は28坪で客室とリビングと2つの浴室を備えたオーシャンビューの部屋となっており、バンヤンツリーの会員向けに38年の使用権が売り出されています。

関連記事

ロイヤルイン台北南西、お湯が一時断水のお知らせ

ロイヤルイン台北南西(老爺会館 台北南西)ですが、ガスボイラーの定期メンテナンスに伴い、下記期間中にお湯が一時断水する可能性があります。 期間:2024年06月12日(水) 停水時間:12:00~18:00 範囲:全館 ※期間中に通常通り営業を行います。 ※日程は予告なく変更される場合がございます。 ---------------------- ロイヤルイン台北南西/老爺会館 台北南西 台北市中山

雲品国際酒店、台中の高級温泉リゾートの運営を受託

味丹企業(ベダン)グループ傘下の裕大興実業が建設する台中の温泉リゾート施設「富貴天心特区」について、ホテル運営会社の雲品国際酒店が5月14日に運営受託契約を締結しました。「富貴天心特区」は330ヘクタールの敷地に温泉付きヴィラ20棟、高級レストランを併設、また雲品国際酒店は隣接するバンケットホール「心之芳庭」の宴会場と屋外宴会スペースの運営も受託しました。雲品国際酒店が経営する15軒目となり、20

雲品国際酒店、台東に日本統治時代建築の宿泊施設

台東県にある日本統治時代の歴史建築、台東市北町日式建築宿舎群と旧台東駅機関車庫の入札が昨年12月におこなわれ、高級ホテルを運営する雲品国際酒店(FDCインターナショナルホテルズ)が賃貸権を獲得しました。雲品国際酒店は5月6日、傘下ブランド「君品コレクション」へ運営を委託し、今年の第4四半期に宿泊施設とレストランとしてプレオープンの予定であると発表しました。 台東市北町日式建築宿舎群は日本統治時代の

Comments


bottom of page