top of page

ビジネスでの訪台客に「寄り道観光」補助

経済部国際貿易署と交通部観光署が12月19日、ビジネスで訪台する外国人客に向けた「順道(寄り道)観光」の補助を来年1月より開始すると発表しました。ビジネス客が参加する展示会やカンファレンスなどのイベント前後3日間で旅行社の催行するツアー参加を条件に、一人当たり最大2,000台湾元の補助が受けられます。補助金の申請はイベント主催者がおこない、イベント1件につき最大50万元が補助され、20件以上の利用があると見込まれています。順道観光補助は2009年から2018年に、最大1,200台湾元の補助で実施されていました。

関連記事

5月16日に内閣総辞職、5月20日より新総統就任のため

5月20日の頼清徳新総統の就任、新内閣の発足を控え、5月16日に陳建仁行政院長率いる行政院会(内閣)は総辞職を決定しました。行政院会の終了後、陳院長は全ての閣僚を率いて行政院ビルの外で「卒業」の記念撮影をおこないました。 陳院長は挨拶で、国と国民に利益をもたらす政策を積極的に推進してきたと、行政への感謝を述べました。陳院長は2023年1月、辞任した蘇貞昌前行政院長の後任として就任しました。

高雄市、八王子市の中学校の給食へパイナップルを提供

昨年より2年連続で高雄産パイナップルが東京都八王子市の中学校の給食で提供され、5月9,10日の2日間で38校の約14,500人の教師、生徒が味わいました。八王子市の教育委員会は、学生へ高雄の印象を更に深めてもらう為に食農教育教材を作成、また給食のメニューに台湾グルメの「魯肉飯(ルーローハン)」や「蛋花湯(たまごスープ)」を加えました。パイナップルを味わった生徒らは「美味しい」と絶賛し、台湾語で「多

秋田県湯沢市の「絵灯籠」、新北市板橋区で展示

秋田県湯沢市から新北市板橋区へ5月13日、台日友好の証として美人画が描かれた大型の「七夕絵灯籠」1基が贈られ、板橋区公所の1階ロビーで展示されています。300年の歴史を持つ湯沢市の「七夕絵灯籠まつり」は毎年8月に開催され、開催期間中は街中に100基を超える様々なサイズの絵灯籠が灯されます。 今年の2月に板橋区で開催されたランタンフェスティバルにも、以前に湯沢市から贈られた絵灯籠が展示され、板橋区は

Comments


bottom of page