top of page

ビジネス目的による中国人の台湾入境を再開

台湾大陸委員会の邱太三主任委員は03月18日に記者会見を開き、 契約履行や人事異動等といったビジネス目的による中国人の台湾入境を当日より再開する事を発表しました。

今後は親族訪問や人道的な理由による中国人の台湾入境受け入れを検討していくとしています。

大陸委員会公式ホームページ https://www.mac.gov.tw/

関連記事

第1四半期の訪台旅客数、日本がトップに

交通部観光署が発表した統計によると、今年の第1四半期(1~3月)に台湾を訪れた旅客数は延べ204万9,917人で、日本人の人数が最多でした。日本人の人数は34万8,913人、次いで香港・マカオが32万988人、3位は韓国で31万6,958人。また東南アジアからの旅客数は61万6,796人、昨年同期比約30%成長しました。欧米は28万6,105人、アメリカ方面からは昨年同期比62%成長、ヨーロッパ方

台北MRT、長野県の交通会社2社と友好協定

台北MRTを運営する台北大衆捷運股份有限公司、日本のアルピコ交通(長野県松本市)、長野電鉄(長野県長野市)の3社が6月14日、友好協定を締結しました。アルピコ交通と長野電鉄は友好協定の締結を記念して6月13日より記念1日チケットを発売、今後は駅や車内に記念ポスターの掲示やPR動画の放映をおこなう予定です。 アルピコ交通は1920年に成立、バスなどの運営がメインで、有名観光地の上高地での主要な交通手

台南市の黄市長、群馬県のスーパーでマンゴーをPR

日本のスーパーマーケット「ツルヤ」で、台南マンゴーのシーズンに合わせて「台湾・台南フェア」が開催されています。台南市の黄偉哲市長が6月16日、群馬県前橋市内の店舗を訪れ、台南産マンゴーや、 安平古堡(ゼーランディア城)の建設400周年を記念したイベントの「台南400」などをPRしました。 黄市長は「フーデックスジャパン」で商談をおこない、台南産のマンゴーやパイナップルが2年連続で「ツルヤ」の店頭に

Bình luận


bottom of page