top of page

マクドナルド台湾、阿里山コーヒーを販売

マクドナルド台湾は11月9日から、数量限定の「阿里山雲霧コーヒー」を販売すると発表しました。

マクドナルド台湾がシングルオリジンのコーヒーを販売するのは初の試みで、台湾のコーヒー荘園「ヨウヨウバースー(優遊吧斯)」のコーヒー豆を採用します。


ヨウヨウバースーはマクドナルド台湾の協力によって、台湾コーヒーのブランドとして、初めてレインフォレスト・アライアンス認証を取得しました。


価格は1杯120台湾元(約550円)。

販売目標は10万杯で、来客数が10%の増加を見込んでいます。


関連記事

マクドナルド台湾は12月15日、21日からモーニングセットとレギュラーメニューを10台湾元値上げすると発表しました。 それぞれ平均11.8%、6.5%値上げしました。 最大24%の値上げしました。 このほか、飲み物やサイドメニューのうち8品目を5~7元値上げします。

台北101で毎年の大晦日に行われる花火ショーは世界的な年越しイベントとなっており、当日の台北101と周辺高層ビルのレストラン予約状況が好調です。 台北101の85階のイタリアンレストラン「随意鳥地方」の窓際の席はすでに予約がいっぱいです。 台北101のオフィスビル営運長は、新型コロナウイルスの水際対策が緩和され、下半期の飲食部門の売上が上半期より40%増加したと指摘しました。

12月1日から台北市内のドリンクスタンドやカフェで、プラスチックカップの提供が禁止されます。 違反した場合は、業者に対して1,200~6,00台湾元(の罰金が科されます。 台北市政府環境保護局(環保局)は11月23日、業者の9割が紙カップなどの代替品の準備を完了したと説明しました。

bottom of page