top of page

マスクの購入が実名制に、一週間に2枚までの制限も

台湾の中央流行疫情指揮センターは2月3日、 コンビニエンスストアなどを通じた一般市民向けの供給を一旦終了し、 2月6日から特約薬局約6500店舗で健康保険カードを使用した 実名制でのマスク販売に変更することを決定しました。

購入可能枚数は1週間につき1人2枚まで、 マスクの価格は1枚5台湾ドルに値下げとなり、 身分証明書や居留証番号の下一桁が奇数の人は月、水、金、日曜日に、 偶数であれば火、木、土、日曜日にマスクの購入ができます。

新北市の侯友宜市長は今回の変更について 健康保険カードを持たない外国人滞在者や観光客がマスクの購入ができなくなるとし、 中央政府に制度の検討を求めました。

関連記事

東京都小池知事、少子化対策について台北市長らと意見交換

東京都の小池百合子知事が6月18日午前、公約発表会をおこない、少子化対策について説明しました。同日午後、小池都知事は少子化問題について、台北市の蒋万安市長とバンコクのチャッチャート・シッティパン都知事とオンライン会議で意見交換をおこないました。 蒋市長は台北市でおこなっている結婚の奨励や育児負担軽減のサポートについて紹介しました。市が主催する婚活イベントや、昨年より試験的に開始した40歳以下でがん

第1四半期の訪台旅客数、日本がトップに

交通部観光署が発表した統計によると、今年の第1四半期(1~3月)に台湾を訪れた旅客数は延べ204万9,917人で、日本人の人数が最多でした。日本人の人数は34万8,913人、次いで香港・マカオが32万988人、3位は韓国で31万6,958人。また東南アジアからの旅客数は61万6,796人、昨年同期比約30%成長しました。欧米は28万6,105人、アメリカ方面からは昨年同期比62%成長、ヨーロッパ方

台南市の黄市長、群馬県のスーパーでマンゴーをPR

日本のスーパーマーケット「ツルヤ」で、台南マンゴーのシーズンに合わせて「台湾・台南フェア」が開催されています。台南市の黄偉哲市長が6月16日、群馬県前橋市内の店舗を訪れ、台南産マンゴーや、 安平古堡(ゼーランディア城)の建設400周年を記念したイベントの「台南400」などをPRしました。 黄市長は「フーデックスジャパン」で商談をおこない、台南産のマンゴーやパイナップルが2年連続で「ツルヤ」の店頭に

Comments


bottom of page