top of page

マツダの世界最大ショールーム、内湖にオープン

マツダの世界最大ショールーム、内湖にオープン

台湾マツダモーター台湾は7月18日に、台北郊外の内湖科技園区で 旗艦店をオープンした。敷地面積3,000坪、展示スペース1,300坪と、 マツダの旗艦店として世界最大。

関連記事

阿里山森林鉄道5枚セットのコレクション乗車券、最後の1枚を販売

阿里山森林鉄道を管理する阿里山林業鉄路及文化資産管理処が7月6日、全線運行再開に合わせて奮起湖駅~阿里山駅区間の記念乗車券を699枚の数量限定で発売しました。この記念乗車券は、2020年、2021年、2022年12月25日に発行された記念乗車券と、2023年11月20日の祝山駅の駅舎リニューアル開業の際に発行された記念乗車券と全5枚でワンセットとなり、乗車券の裏面には路線図が描かれていて5枚を並べ

外交部、訪日時の携帯品について注意喚起

6月に日本へ入国した台湾人旅客の1人が、申告が必要な20万円を超える市価の金のネックレス(約131グラム)を着用していた為に税関で没収されたと外交部が明らかにしました。該当の旅客は別室で6時間拘束され、携帯電話も没収されました。外交部は、訪日時には貴重なアクセサリーや宝石はできるだけ携帯しないよう呼びかけています。 台湾日本関係協会の范振国秘書長は、大幅な円安と金相場の上昇、更に日本の消費税が10

台北101展望台、上半期の入場者数が3割成長

台北101(台北市信義区)の統計によると、2024年上半期(1~6月)の101展望台への入場者数は前年同期比3割増加、コロナ前である2019年の85%まで回復しました。入場者び8割以上が外国人旅客で、中でも韓国人旅客が最多でした。 台北101のショッピングモールは昨年から今年にかけて国際ブランド店のリニューアルやオープンが続き、売り上げが安定して成長しています。また夏休み期間の7月1日~9月30日

Comments


bottom of page