top of page

リージェント台北、レストランリニューアルに2億元

リージェント台北(台北晶華酒店)が7月4日、 8月末から投資額約2億台湾元をかけて ホテル2階のステーキハウス「ロビンズグリル」と 3階の四川・広東料理レストラン「晶華軒」の改装をする事を発表しました。

広東料理や洋風スイーツの名調理師も招聘しており、 レストランは9月~10月中にリニューアルオープンする予定です。

リージェント台北の公式サイトはこちら

関連記事

鼎泰豊が一部メニュー値上げを発表、人件費を考慮

小籠包で有名なレストランの鼎泰豊(ディンタイフォン)が6月12日、一部メニューの値上げを発表しました。平均6%の値上げをおこない、人気メニューの小籠包(10個入り)は250台湾元から30台湾元(約145円)値上がりをして280台湾元(約1,360円)となります。鼎泰豊は値上げの原因について、人手不足による人件費を考慮したと示しており、優質な料理とサービスを引き続き提供する為、賃金や福利厚生に資金を

花蓮県、観光復興支援の宿泊補助が6月1日より開始

交通部観光署が6月1日、4月3日に発生した地震で被災した花蓮県の観光復興支援キャンペーンを開始しました。宿泊補助キャンペーンの予算は9億6,500万台湾元(約47億円)で、個人旅行に8億1,500万台湾元、団体旅行に1億5,000万台湾元が使用されます。宿泊補助キャンペーンは台湾人旅客を対象に9月末まで実施予定で、個人旅行では平日最大1,000台湾元、休日最大500台湾元が補助されます。 宿泊補助

コンピューテックスで観光ホテル稼働率90%超え

南港展覧館で6月4日より4日間開催されるアジア最大規模の情報通信技術見本市「COMPUTEX2024台北國際電腦展(コンピューテックス台北)」に、約1,500社の企業が4,500ブースを出展し、5万人の来場が予想されています。それにともなって台北市、新北市の観光ホテルの稼働率が90%以上となり、昨年のコンピューテックス開催期間の稼働率を上回りました。 難関展覧館から近い台北漢来大飯店(台北ハイライ

Commentaires


bottom of page