top of page

世界幸福度ランキング、台湾は世界31位

国際幸福デーの3月20日、国際連合(国連)の持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)が2024年の世界幸福度報告を発表しました。台湾は世界143の国と地域のうち31位で、昨年比4ランクの下落となりました。アジアでは、世界30位のシンガポールに次ぐ2位でした。


報告は直近3年でおこなわれた世論調査に基づいており、生活における各項目について0から10で評価されています。世界1位は7年連続でフィンランドで、平均ポイントは7.7でした。


また、年代別のランキングでは30歳以下の若者では台湾は世界25位でアジア1位となり、アジア2位で世界45位のタイと差が開きました。

関連記事

「屏東夏祭り」開催、遊園地やアート施設が登場

7月20日から8月25日まで、南部の屏東県で「屏東夏日狂歓祭(屏東夏祭り)」が開催されます。会場となる屏東市の県民公園には、コーヒーカップや回転木馬などを設置した遊園地や、パブリックアートの巨大怪獣「書鴨(シューヤー)」が登場し、親子で楽しめるイベントとなっています。また、アート施設や、没入型の光のアートや、ナイトミュージアムも登場し、親子連れ以外も楽しめるようになっていると、屏東県は来場を呼びか

新潟県で「大地の芸術祭」開催、台湾アーティストの作品も展示

7月13日に開幕した新潟県十日町市と津南町の野外芸術祭「大地の芸術祭ー越後妻有アートトリエンナーレ」で、台湾アーティストの作品が展示されています。文化部台北駐日経済文化代表処台湾文化センターが大地の芸術祭と提携し、台湾の建築家の黄声遠さんが率いる建築設計事務所「田中央工作群(Fieldoffice Architects)」や絵本作家の幾米(ジミー・リャオ)さんを招待しました。「田中央工作群」は東京

Comments


bottom of page