top of page

中国への団体旅行1日2,000人制限、緩和を再検討

11月13日に大陸委員会が中国への団体旅行の解禁について1日あたり2,000人の制限を設けると発表して旅行業者から反発の声が上がっていることに対し、交通部の王國材部長は11月16日、団体旅行の申し込みが多い場合、大陸委員会と検討、調整すると述べました。また、解禁を3月1日に解禁としたことについて、旅行業者との検討の結果で、団体旅行の準備、手配に必要な時間として5カ月の時間を設けたと述べています。

関連記事

外国人人材の雇用法改正案、デジタルノマド向けビザ導入

国家発展委員会(国発会)の劉鏡清主任委員が7月18日、9月の立法委員で提出される「外国専業人才招聘雇用法(外国専門人材誘致および雇用法)」改正案について、デジタル技術を使用してリモートで働く「デジタルノマド」向けのビザ導入の計画を明らかにしました。現状、台湾に滞在するデジタルノマドはノービザや観光ビザを利用しており最長3ヶ月の滞在でしたが、デジタルノマドビザでは6カ月の滞在が認められる見込みです。

台湾伊藤忠、台南市が推進のスマートシティプロジェクトに参画

伊藤忠商事の現地法人である台湾伊藤忠が7月16日、台南市政府経済発展局が推進する沙崙地区のスマートシティ化とグリーンエネルギー技術の活用の為の「113年沙崙智慧緑能科学城全区規画整合委託服務案(2024年沙崙スマートシティにおける統合開発案件)」を受注し、プロジェクトオーナーとしての参画を発表しました。プロジェクトでは、 智邦科技(アクトン・テクノロジー)、工業技術研究院(工研院、ITRI)、国立

中国への団体旅行解禁を求める修正動議、立法院で賛成多数

立法院で7月16日、 国民党と台湾民衆党の立法院党団が提出した中国への団体旅行解禁を求めた修正動議が賛成多数で採択されました。中国と金門、馬祖、澎湖を結ぶフェリー「小三通」を通じた中国人観光客の受け入れ優先を求めるなどの内容が盛り込まれています。 2023年の訪中台湾人は176万人に対し、訪台中国人は22万6,000人、今年の上半期の訪中台湾人は100万人を超えていますが、訪台中国人は15万人でし

Comments


bottom of page