top of page

中国資本ホテル、台北有園飯店が撤退

2015年に台北市で開業した台湾初の純粋な中国資本のホテル、台北有園飯店(Uホテル・タイペイ)が、旧正月連休後に撤退していたことが明らかになりました。

台北有園飯店は、中国人旅行客を主な客層としていたが、新型コロナウイルス禍で打撃を受け、撤退を決めました。 同ビルでは現在、ホテル業者の雀客旅館(チェックイン)が防疫ホテルとして運営しています。

関連記事

チャイナエアラインのシアトル線、運航開始

中華航空(チャイナエアライン)の台北~シアトル線が7月14日、運航を開始しました。チャイナエアラインの北米への直行便はこれで6便となりました。第1便となるCI-022は、台湾時間の午後11時30分に台北(桃園国際空港)を出発し、15日の午前10時にシアトル(タコマ国際空港)に到着しました。搭乗率は95%で乗客数281人、そのうち45%が乗り継ぎ客でした。 チャイナエアラインの今年上半期(1~6月)

「屏東夏祭り」開催、遊園地やアート施設が登場

7月20日から8月25日まで、南部の屏東県で「屏東夏日狂歓祭(屏東夏祭り)」が開催されます。会場となる屏東市の県民公園には、コーヒーカップや回転木馬などを設置した遊園地や、パブリックアートの巨大怪獣「書鴨(シューヤー)」が登場し、親子で楽しめるイベントとなっています。また、アート施設や、没入型の光のアートや、ナイトミュージアムも登場し、親子連れ以外も楽しめるようになっていると、屏東県は来場を呼びか

Comments


bottom of page