top of page

中央気象署、半年から一年は余震の可能性有りと注意喚起

交通部中央気象署地震測報中心(地震測報センター)の吳健富主任が4月23日の記者会見で、4月22日夕方より23日にかけて発生した地震は4月3日の花蓮地震の余震であると説明しました。また、過去の921地震の経験より、余震は半年から1年程度発生する可能性があると述べ、回数は徐々に減少しても、大きな余震が発生することもあると注意を呼びかけています。


気象署の統計によると、4月3日以降、23日午前8時までに累計1,110回の余震が発生しており、そのうちマグニチュード6以上が4回、5~6が56回、4~5が344回、3~4が706回でした。

関連記事

災害時の救助活動に関するシンポジウム、日本の防災専門家が訪台

内政部消防署が6月18日、災害時の救助活動に関する台日シンポジウム「2024台日地震捜救実務研討会」を開催して日本から防災の専門家3名を招待しました。今年初めに発生した能登半島地震の際に、各自治体から緊急救助隊をどのように要請したか、各種重機、装備の運用や災害救助犬の動員、後方支援体制により、災害リスクをどのように下げたのかなどの経験を共有しました。また消防署の特殊捜救隊が4月3日の花蓮地震の経験

熊本市からの訪問団、花蓮市で市長を表敬訪問

熊本市役所政策局からの訪問団が、6月10日に友好都市の高雄市を訪問後、11日午後に花蓮市へ到着し、魏嘉彥市長を表敬訪問しました。訪問団は4月3日の地震で被災した花蓮への慰問のほか、熊本城桜の馬場リテール株式会社からの義援金60万円と熊本市の大西一史市長からの親書を届けました。 訪問団には熊本市政策局総合政策部首席審議員の林秀典氏、危機管理災害部防災対策課参事の村上栄治氏、総合政策部国際課主幹の藤崎

花蓮市の姉妹都市の高千穂町、義援金や千羽鶴を贈る

花蓮市と姉妹都市を結ぶ宮崎県高千穂町より、隣接する日之影町や五ヶ瀬町から寄せられた義援金を含む445万円と、千羽鶴、応援メッセージを記録したディスクが花蓮市へ贈られました。高千穂町の甲斐宗之町長らがらが台北駐福岡経済文化弁事処を訪れ、同処の陳銘俊処長に手渡して花蓮への転送を託しました。 花蓮市と高千穂町は5年前に姉妹都市を締結し、交流を深めてきました。花蓮市の魏嘉彥市長は、高千穂町の花蓮への関心と

Comments


bottom of page