top of page

中正紀念堂「本堂」修繕工事延期のお知らせ(8/31更新)

現在行われている中正紀念堂「本堂」の修繕工事ですが、 事情により延長することになりました。 工事期間中、お客様の安全の確保の為、工事エリアにはフェンスが設置されておりますが、 外側の3つの階段(正門、大忠門、大孝門)から蒋介石銅像が有る本堂内部4階へ入る事が可能です。

期間:2017年04月~2018年02月末まで 範囲:本堂の西面外装(正面)

※工事日程は予告無く変更される場合がございます。 同時期にご旅行をご予定の方はご注意下さい。 なお、工事期間中の弊社催行オプショナルツアーは通常通り催行いたします。

イメージ写真(中正紀念堂提供)

関連記事

日本統治時代の古民家リノベ「楽埔町」、リニューアルオープン

台北市中正区の歴史建築「錦町日式宿舍群(樂埔町)」の修復工事が完了し、6月1日にリニューアルオープンしました。文化局は2013年より日本統治時代から残る古民家などを修復、再利用する「老房子文化運動計画」を進めており、「楽埔町」もその計画のひとつで、2013年に1,900万台湾元を投入して修復がおこなわれ、2015年に運営が開始されました。今回は2023年11月中旬より営業を停止し、1,700万台湾

台中港に亜果遊艇のヨット埠頭、2028年完成予定

会員制ヨットクラブなどを運営する亜果遊艇開発が5月29日、台中港で国際ヨット埠頭を2期に分けて建設すると発表しました。敷地面積は水域を含む10.77ヘクタールで、三井台中港Outlet Mallの傍に位置します。 8月3日に契約の署名式と起工式がおこなわれ、収容可能数49隻の第1期は今年の年末までに完成、運用開始予定です。第2期は収容可能数52隻、2026年に着工し2028年4月の完工を目指します

中国への団体旅行、催行決定しているツアーは6月以降も出発可能に

行政院の卓栄泰院長が5月30日、既に催行が決定していた中国への団体旅行のうち、5月末までに出発が出来なかったものについて、旅行会社と旅客の権益を考慮し、6月以降の出発を認めると発表しました。 台湾から中国への団体旅行は、中国が中国人の台湾への団体旅行を再開しなかったことを理由に募集を停止するよう2月7日に旅行会社へ通知され、既に催行が決定していた5月末までに出発のツアーについてのみ催行が認められて

Comments


bottom of page