top of page

井仔脚瓦盤塩田、世界の持続可能な観光地トップ100に

交通部観光局雲嘉南浜海国家風景区管理処は10月6日、台南市・井仔脚瓦盤塩田の復興へのストーリーが、グリーンデスティネーション基金会(オランダ)による「世界の持続可能な観光地デスティネーショントップ100選」(Top 100 Sustainable Stories)に選出されたと発表しました。

台南市北門区井仔脚瓦盤塩田は、現存する最古の塩田です。 人件費がかかり過ぎることから、2002年に一旦、塩の生産は終了し、塩田は一時期風化していました。 その後、塩業文化を継承するため、塩田を復活させ、現在は台南海浜のもっとも特色あるスポットになっています。

今回、文化の保存、環境教育機能を兼ね備えた永続可能な観光地として認められ、文化・コミュニティー部門でトップ100に選出されました。

関連記事

台東国際バルーンフェスティバル開幕、今年で14回目

台東県鹿野郷で7月6日、今年で14回目の開催となる「台湾国際熱気球嘉年華 (台湾国際バルーンフェスティバル)」が開幕しました。今年はサンリオの人気キャラクター「ハローキティ」の50周年をテーマに、14カ国から40機を超える熱気球が参加しています。開催期間は8月19日までの45日間。 初日となる7月6日は早朝より開幕式がおこなわれ、21機の熱気球が飛び立ちました。来場者数は花蓮地震の影響から例年に比

帆船で台湾一周、460人の児童・教員がリレー方式で

宜蘭県蘇澳港で7月5日、大型帆船2艘でリレー方式で台湾を一周するプロジェクトの出発式がおこなわれました。プロジェクトは宜蘭県立岳明国民中小学(小中一貫校)が企画したもので、海に近い台湾の学校36校に呼びかけ、合計460人の児童・教員が参加します。蘇澳港を出発後、反時計回りで28日かけて台湾周辺海域を一周します。1,939キロメートルの航路で、途中で中国福建省に近い離島の東引や金門、台湾海峡の離島の

NHKと公視が合同製作の阿里山鉄道番組、屋外で上映会

NHKと台湾の公共放送の公視(PTS)が合同制作したドキュメンタリー番組「神木之森:阿里山森林鉄道紀行」が、7月4日午後9時から台湾の地上波で放送されます。それに先がけ6月29日に国家両庁院広場で屋外上映会がおこなわれ、2,000人を超える市民が集まって大型スクリーンで映像を鑑賞しました。番組は最新の8Kスーパーハイビジョンと22.2マルチチャンネル音響技術を使用した臨場感溢れる映像で、阿里山の壮

Comments


bottom of page