top of page

交通部観光署、台湾観光産業の表彰式を開催

交通部観光署が台北圓山大飯店(グランドホテル台北)で2月22日、台湾の観光産業に貢献した国内外の団体及び個人156人へ感謝し表彰する「2024觀光節慶祝大會頒獎典禮(観光節祝賀大会兼表彰式)」を開催しました。観光節祝賀大会兼表彰式の開催は3年ぶりとなります。


今回の表彰式では「台灣觀光特別貢獻獎(台湾観光貢献特別賞)」が京浜急行電鉄株式会社(京急電鉄)の原田一之取締役会長へ贈られました。京急電鉄と交通部台湾鉄路管理局(台鉄)は友好協定を締結しており、原田会長は長年に渡り京急電鉄駅構内の大型壁面広告を台湾のPRに無料で提供。また、京急グループの海外視察研修を台湾でおこなうなど、台日観光交流を積極的に推進してきました。

関連記事

高雄市、八王子市の中学校の給食へパイナップルを提供

昨年より2年連続で高雄産パイナップルが東京都八王子市の中学校の給食で提供され、5月9,10日の2日間で38校の約14,500人の教師、生徒が味わいました。八王子市の教育委員会は、学生へ高雄の印象を更に深めてもらう為に食農教育教材を作成、また給食のメニューに台湾グルメの「魯肉飯(ルーローハン)」や「蛋花湯(たまごスープ)」を加えました。パイナップルを味わった生徒らは「美味しい」と絶賛し、台湾語で「多

秋田県湯沢市の「絵灯籠」、新北市板橋区で展示

秋田県湯沢市から新北市板橋区へ5月13日、台日友好の証として美人画が描かれた大型の「七夕絵灯籠」1基が贈られ、板橋区公所の1階ロビーで展示されています。300年の歴史を持つ湯沢市の「七夕絵灯籠まつり」は毎年8月に開催され、開催期間中は街中に100基を超える様々なサイズの絵灯籠が灯されます。 今年の2月に板橋区で開催されたランタンフェスティバルにも、以前に湯沢市から贈られた絵灯籠が展示され、板橋区は

台南市と茨城県那珂市、友好交流協定を締結

茨城県那珂市の先崎光市長らが5月6日、台南市を訪れて友好交流協定を締結し、調印式がおこなわれました。調印式は台南市政府永華市政センターでおこなわれ、台南市の黄市長は、農業、教育、スポーツなどの分野での今後の交流の深化に期待を寄せました。 台南市には旧日本軍の海軍のパイロットである杉浦茂峰が祀られている飛虎将軍廟があり、杉浦茂峰の母親が那珂市出身である縁から両市の交流が始まり、今回の協定締結となりま

Comments


bottom of page