top of page

京都で初開催の「TAIWAN PLUS」、2日間で約6万人が来場

京都市勧業館みやこめっせで5月11,12日、台湾の非政府組織(NGO)中華文化総会が主催する台湾カルチャー発信イベント「TAIWAN PLUS」が開催され、2日間で6万人近くが会場を訪れました。オープニングセレモニーでは台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表が、花蓮地震への日本からの義援金へ感謝を述べ、台日の善の循環が世界的に広めたいと期待を寄せました。


今回のTAIWAN PLUSは台湾南部・嘉義県の新港奉天宮から航海の女神である媽祖のご神体などが会場へ出張し安置されたほか、タピオカミルクティーなどの人気台湾グルメや、さまざまな雑貨のブースが出展しました。また、ステージでは音楽パフォーマンスも披露されました。

関連記事

碧潭ウォーターショーが今年は花火ショーも開催、8月31日まで

今年で9年目を迎えるウォーターショー「2024碧潭水舞」が5月17日より開始となりました。新北市新店区にある観光スポットの碧潭で毎年開催されているイベントで、今年は8月31日まで107日間、毎晩開催されます。毎日午後6時30分から9時の間に6回のショーがおこなわれます。 また、5月29日、6月5,12日の午後8時から300秒間の花火ショー、8月14,21日にはウォーターショーと合わせた花火ショーを

高雄市で初の「フレンチフェスティバル」、駁二芸術特区で開催

高雄市政府、フランス在台協会、台湾フランス人協会が共同で、「法国生活節在高雄(フレンチフェスティバルin高雄)」を6月7~9日に駁二芸術特区で開催します。イベントではフランス式のマーケット(マルシェ)が並ぶほか、フランス式のステージイベント、今年開催されるパリ五輪にちなんでフランス発祥のスポーツ「ペタンク」やキッズサッカーの体験、文化講座や野外シネマなどが用意され、高雄にいながらフランスの風情を味

台北市政府、庁舎にレインボーフラッグでLGBT+支持表明

「國際不再恐同日(国際反ホモフォビア・トランスフォビア・バイフォビアの日)」である5月17日、台北市政府の市庁舎では毎年、レインボーフラッグを掲げてLGBT+への支持を表明しています。5月17日は、1990年に世界保健機構(WHO)が同性愛を国際疾病分類(ICD)から削除したことを記念して定められました。 台北市政府ではレインボーフラッグのほか、5月16,17,20,21,22,23,24日の7日

Comentarios


bottom of page