top of page

低価格ホテルの稼働率が9割超え

低価格ホテルの稼働率が9割超え

都市部の低価格ホテルで客室稼働率が90%を超え、特に台北市では100%に迫っていることが 不動産仲介業者の調査で明らかとなった。 今年に入り中国人自由旅行者が増加していることが主な原因。 交通部観光局によると、年内にも中国人自由旅行者の1日当たりの受け入れ上限を現在の 4,000人から5,000人へ引き上げることを検討しており、低価格のホテルは更に稼働率が 上昇する見込みとなっている。

関連記事

花蓮県、観光復興支援の宿泊補助が6月1日より開始

交通部観光署が6月1日、4月3日に発生した地震で被災した花蓮県の観光復興支援キャンペーンを開始しました。宿泊補助キャンペーンの予算は9億6,500万台湾元(約47億円)で、個人旅行に8億1,500万台湾元、団体旅行に1億5,000万台湾元が使用されます。宿泊補助キャンペーンは台湾人旅客を対象に9月末まで実施予定で、個人旅行では平日最大1,000台湾元、休日最大500台湾元が補助されます。 宿泊補助

コンピューテックスで観光ホテル稼働率90%超え

南港展覧館で6月4日より4日間開催されるアジア最大規模の情報通信技術見本市「COMPUTEX2024台北國際電腦展(コンピューテックス台北)」に、約1,500社の企業が4,500ブースを出展し、5万人の来場が予想されています。それにともなって台北市、新北市の観光ホテルの稼働率が90%以上となり、昨年のコンピューテックス開催期間の稼働率を上回りました。 難関展覧館から近い台北漢来大飯店(台北ハイライ

グリーンワールド 建北、電気設備メンテナンス日変更のお知らせ

先日お知らせしたグリーンワールド 建北(洛碁大飯店建北館)の電気設備の定期メンテナンスは、ホテル事情によりメンテナンス日が変更となりました。 変更前:2024年06月16日(日) 変更後:2024年06月17日(月) 時間:00:00~05:00 場所:全館 ※期間中、緊急照明は正常に作動しますが、エアコンとエレベーターは利用できません。 ※ホテルは通常通り営業します。 —————————————

Comentários


bottom of page