top of page

入境後の隔離場所への移動、自家用車を利用可能に

交通部民航局は8月31日、入境者が空港から隔離を実施する場所まで、自家用車を利用して移動することを9月1日から認めると発表した。

レンタカーの利用は不可とします。


入境者数の1週間当たりの上限を延べ5万人に引き上げたことを受けた措置です。

関連記事

高鉄の利用者数が大幅成長、混雑解消は27年以降の恐れ

台湾高速鉄路(高鉄)の利用者数がコロナ後大幅に成長しており、3月の利用者数は679万6,713人と単月での最多利用者数を更新しました。また2024年第1四半期の利用者数も1,947万9,401人と過去最多となり、昨年比10.8%増加しています。 自由席車両を3車両から5~8車両に増加していますが、ラッシュ時には乗り降りに影響が出る程の混雑具合であると不満の声が出ています。昨年は3度増便し、週1,0

駅弁の淡路屋、被災地支援のチャリティー弁当を限定販売

台鉄弁当と友好協定を結んでいる日本の駅弁店の淡路屋が、4月13日から5月3日まで「台湾支援チャリティーひっぱりだこ飯」を発売し、売り上げの一部を日本赤十字社を通して台湾の被災地へ寄付しました。 また、「ひっぱりだこ弁当」の蛸壺型の容器と「台湾加油」と書かれた包装紙200セットを台鉄公司へ提供、台鉄公司は5月11,12日の2日間限定でこの容器と包装を利用した「洄味弁当」を販売しました。花蓮の食材や料

医療機関などでのマスク着用、「義務」から「推奨」へ

新型コロナウイルス対策により2020年12月1日より義務化されていた医療機関、介護施設でのマスク着用が、5月19日より「義務」が解除されて「推奨」へ調整されます。今回のマスク着用義務の解除で、台湾のすべての場所でのマスク着用義務が解除されることになります。 推奨に調整されますが、体調が優れない場合や、妊婦や高齢者、病院や人が密集する場所へ赴く場合にはマスクを着用するよう注意を呼びかけています。

Yorumlar


bottom of page