top of page

八大産業、条件付きで営業再開

新型コロナウイルス市内感染拡大を受け、5月から営業を停止していた八大産業、カラオケ業、ダンスホール業、ナイトクラブ業、バー業など、接待を伴わない店舗では、11月2日から条件付きで営業再開を認めると発表しました。

下記防疫措置のガイドラインの順守が必要となります。 【台北市】 ・従業員がワクチンを1回以上接種し、14日経過していること、2回目を接種するまで週1回の検査を実施すること ・利用客がワクチンを1回以上接種し、14日経過していること 【新北市】 ・従業員や利用客がワクチン接種を2回終えること

中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

関連記事

高鉄台中駅直結の複合所業施設、26年末にオープン予定

台湾高速鉄路(高鉄)の台中駅に建設される駅直結の複合商業施設「台中高鉄娯楽購物城(台中高鉄エンタテインメントショッピングシティ)」が、6月30日に着工されることが発表されました。第一期のショッピングセンターは2026年末のオープンを予定しています。 ショッピングセンターは地上8階、地下2階建てで、延べ床面積は10万2,865坪となる予定で、台北101モールの4.8倍の広さで台湾最大のショッピングセ

鼎泰豊が一部メニュー値上げを発表、人件費を考慮

小籠包で有名なレストランの鼎泰豊(ディンタイフォン)が6月12日、一部メニューの値上げを発表しました。平均6%の値上げをおこない、人気メニューの小籠包(10個入り)は250台湾元から30台湾元(約145円)値上がりをして280台湾元(約1,360円)となります。鼎泰豊は値上げの原因について、人手不足による人件費を考慮したと示しており、優質な料理とサービスを引き続き提供する為、賃金や福利厚生に資金を

日本統治時代の古民家リノベ「楽埔町」、リニューアルオープン

台北市中正区の歴史建築「錦町日式宿舍群(樂埔町)」の修復工事が完了し、6月1日にリニューアルオープンしました。文化局は2013年より日本統治時代から残る古民家などを修復、再利用する「老房子文化運動計画」を進めており、「楽埔町」もその計画のひとつで、2013年に1,900万台湾元を投入して修復がおこなわれ、2015年に運営が開始されました。今回は2023年11月中旬より営業を停止し、1,700万台湾

Comments


bottom of page