top of page

八田與一氏慰霊祭、頼副総統が出席

日本統治時代の土木技師である八田與一氏の没後82年の慰霊祭が5月8日に台南市でおこなわれ、賴清德副総統が出席しました。賴副総統は、八田氏が100年近く前にダム建設に大きく貢献し、建設された烏山頭水庫(烏山頭ダム)は、台湾の農業の発展に大きく貢献し、農業だけでなく南部サイエンスパークに工業用水を提供して工業にも貢献していると感謝を述べました。


また賴副総統は、日本からの新型コロナウイルス流行時のワクチン提供や、花蓮地震での義援金にも感謝の意を述べ、5月20日の総統就任後の、日本との各方面での協力強化に期待を寄せました。

関連記事

新総統就任式典のデモフライト、予行演習を実施

5月20日に開催される新総統就任式典で披露されるデモフライトの初回となる予行演習が5月13日早朝に行われました。式典当日は陸海空軍の軍用機52機による空中パフォーマンスがおこなわれます。13日は23機での予行演習が予定されていましたが、天候不良の為、規模を縮小して5機でおこなわれました。 全機が参加しての予行演習は15日、17日の午前6時から7時半の時間帯で実施予定です。また、式典前日の19日には

微風広場でVIPイベント「微風の夜」、売上高は過去最高に

ショッピングセンターの微風広場(ブリーズセンター)で5月10日夜、年に1度のVIP客向けイベントの微風の夜「Parisian Night 浪漫巴黎之夜」を開催しました。微風グループによると売上高は14億6,000万台湾元(約70億2,000万円)で、昨年比4.3%増、過去最高額となりました。また、1,000万元以上の購入は20人、100万元以上の購入は139人で、どちらも昨年より増加しました。 微

ドラゴンボートレースの「点睛の儀式」、蒋万安市長が出席

端午節に開催される「2024台北國際龍舟錦標賽(台北国際ドラゴンボートレース)」の点睛の儀式が5月11日、洲美里屈原宮(台北市北投区)で行われました。点睛の儀式は、ドラゴンボートに描かれたドラゴンに目を書き込む儀式で、台北市の蒋万安市長も儀式に参加してレースが順調に開催されるよう祈祷しました。 2024台北国際ドラゴンボートレースは6月8~10日に基隆河で開催されます。今年は過去最多となる5,10

Comments


bottom of page