top of page

労働部、外国人留学生の宿泊施設雇用について規制緩和を検討

宿泊業界ではコロナ後、客室清掃員など深刻な人手不足が問題となっており、外国人労働者の雇用開放が求められています。労働部は台湾で就学した外国人留学生や華僑の子弟の台湾での就労に関する規定緩和を検討しており、対象に宿泊業界が含まれる見込みです。


現状では外国人留学生や華僑の子弟が卒業後に台湾で就業する場合、賃金や在学時の成績などの審査で一定の基準に達する必要があるほか、専門性、技術性を要する職業に限定されており、観光ホテルの場合は経営管理、技術開発などの管理職のみ雇用が認められます。

関連記事

上半期の日本円資金決済額、昨年比7.3%増で過去最高に

銀行間資金決済ネットワークの運営会社、財金資訊の統計の統計によると、今年の上半期(1月~6月)の銀行の日本円での資金決済額は7,758億9,500万台湾元(約3兆7,700億円)、昨年同期比526億9,600万台湾元増加、7.3%成長で過去最高額となりました。6月単月では1,279億1,200万台湾元で、28カ月連続での1,000億台湾元超えとなりました。 6月の同期比では2019年の1,318億

タイ政府が台湾をビザ免除対象に、60日間まで滞在可能

タイ政府が7月12日、入国ビザ免除対象国を中華民国(台湾)を含む93か国に増やす措置を7月15日より実施すると発表しました。これによって、台湾のパスポート所持者はノービザでのタイへの入国で、60日間まで滞在可能になります。 タイ政府は昨年11月10日より、台湾のパスポート所持者に対して30日間までの短期滞在についてのノービザ措置を実施していました。今年の11月11日までの実施が決定していましたが、

定例軍事演習「漢光40号」、博愛特区のMRT駅で訓練

台湾軍の定例軍事演習「漢光40号」が7月22日から26日に実施されます。昨年は台北駅で訓練が実施されましたが、政府関係者ほ今年の訓練について、中央政治官庁が密集する台北市博愛警備管制区(博愛特区)周辺のMRTの駅で、指揮系統を麻痺させるいわゆる「斬首作戦」の防衛訓練を実施すると説明しています。 また、台北港などの重要なインフラのほか、雲林県麦寮郷の工業園区などで、石油化学、水道、電気、通信などの国

Comments


bottom of page