top of page

原住民族青少年フォーラム、修了式典を開催

原住民族委員会が12月19日、高雄市の翰品酒店で「2023國際原住民族青年論壇─台灣培訓班(2023国際原住民族青少年フォーラム―台湾研修クラス)」の修了式典を開催しました。ニュージーランド、パラオ、アメリカ、オーストラリア、フィリピンなど今までで最多となる16の国と地域から受講者が集まりました。原住民族委員会は、青少年フォーラムは発足から20年間で900人近くの青少年が参加しており、今後も国交樹立国やパートナー国と協力して青少年育成計画を推進していきたいと述べています。

関連記事

屏東県が大阪で観光プロモーション

屏東県政府交通旅遊処が県内の観光協会と協力し、大阪市内で7月1日、観光プモーションイベントを開催しました。イベントには複数の旅行会社やメディア関係者など50人以上が出席し、屏東の豊かな自然景観、文化資産など様々な魅力をアピールしました。 イベントは屏東の先住民族の歌や楽器を取り入れたパフォーマンスで始まり、一年間の季節ごとのイベントや、屏東のグルメ、宿泊、ショッピングなどを紹介しました。県政府は、

台東県のシャカトウ使用菓子、日本市場へ

台東県国際発展及計画処が6月29日、東京の台湾系書店「誠品生活日本橋」で台東商品の発売発表会を開催しました。発売されたのは台東のお土産メーカー歐巴螞食品有限公司のシャカトウを使用した「金釈迦」とローゼルを使用した「美人焼」で、「金釋迦」は外観をシャカトウに似せて作られており、中のこしあんにはシャカトウの果肉が練りこまれています。 台東県国際発展及計画処の曹劍秋処長は、台東の紅烏龍茶やレッドキヌアの

花蓮県豊浜郷と大分県九重町がMOU締結、文化・芸術・経済での連携へ

花蓮県豊浜郷と大分県九重町が6月26日、連携と協力に関するMOUを締結しました。今後、文化、芸術、経済などの分野で交流や協力を深めていく方針です。昨年12月に九重町の日野康町長が豊浜郷を訪れたことから交流が始まり、今回の締結へと繋がりました。日野町長は、豊浜郷は農業、漁業が盛んで旅行業も発達しており、農業と温泉・旅行業を主軸とする九重町と相似点が多いと述べています。 豊浜郷の邱福順郷長は、新型コロ

Comments


bottom of page