top of page

台北で大震災追悼イベント、「台湾は真の友人」

台北で大震災追悼イベント、「台湾は真の友人」

東日本大震災から3周年目の3月11日、被災者への追悼と台湾からの多大な支援に感謝を示す イベントが台北市の国賓大飯店(アンバサダーホテル)で開かれた。

式典会場には在台日本人ビジネスパーソンなどを中心に約300人が集まり、日本側は樽井澄夫・ 交流協会台北事務所長、台湾側は王金平立法院院長や頼浩敏司法院院長なども来賓として参加。 来賓による代表献花の後、地震が発生した日本時間午後2時46分に1分間の黙とうを行った。 樽井代表は追悼の辞で、「震災の時、台湾は自分のことのように日本に手を差し伸べてくれた。 日本人は台湾が真の友人だと思い知らされた。日本人はこのことを絶対に忘れない」と述べた。

また王立法院長は「震災により日台間の友情を再認識できた。復興への道のりは長いが台湾市民は 応援している。今後も全力で支持していきたい」と応じた。 その後、昨年台湾で感謝を伝えるチャリティーコンサートを開催した歌手の真気(まき)による 感謝を伝える歌、「從心底謝謝?(心からありがとう)」や台湾人日本舞踊家、鄭萱氏による鎮魂の 舞が披露された。今回、追悼イベントの実行委員長を務めた荒牧直樹ソニー台湾董事長兼総経理は 「震災3年目も、被災者への追悼の念と台湾からの支援に対する感謝の気持ちを伝えるイベントを 開催できた。来年以降も続けていきたい」とコメントした。

関連記事

台湾ビール、20年ぶりの値上げへ

TLL(台湾煙酒)が台湾ビールの価格を20年ぶりに引き上げる方針だと明らかになりました。ロシアのウクライナ侵攻以降、ビール原料の麦芽だけでなく、缶や段ボールの価格が高騰していることが価格引き上げの原因です。 台湾のビール市場シェア2位のハイネケン、3位のキリンなどの欧州と日本のビールメーカーは、昨年既に10~15%の値上げをおこなっています。

新北市の南山福徳宮、ライブカメラ設置

新北市政府は、中和區烘爐地の南山福徳宮に4Kライブカメラを設置し、オンライン上でライブ映像の配信を始めました。台湾最大の土地公像だけではなく、北海道函館の100万ドルの夜景のように美しい夜景など、台北市と新北市を一望する景色を楽しむことができます。 ライブカメラの設置は昨年7月の淡水漁人碼頭に続く2か所目で、YouTube上の映像視聴回数は65.4万再生に達しています。海外からの視聴のうち4割は日

台風第2号、東の海上を北上へ

交通部中央気象局によると、5月29日午前8時現在、台風第2号は、屏東県東南東、660キロの海上で時速14キロで北西に進みました。 今後、北寄りに向きを変え、台湾東部沖で北上する見通しです。

Comments


bottom of page