top of page

台北メトロ、新型肺炎対策のサーモグラフィーを新たに設置

新型コロナウイルスの感染拡大防止の為、 黄珊珊台北市副市長は体温測定用のサーモグラフィーを 台北メトロ(MRT)の西門駅や龍山寺駅等といった観光客の利用が多い駅に 3月20日以降順次設置していく事を発表しました。

3月末からの運用開始を予定しており、 サーモグラフィーで37.5度以上の体温が確認されたお客様は耳式体温計で再度体温測定をし、 再測定で38度以上が確認された場合は係員が医療機関への受診勧告をします。

台北メトロ公式サイトはこちら

関連記事

チャイナエアラインのシアトル線、運航開始

中華航空(チャイナエアライン)の台北~シアトル線が7月14日、運航を開始しました。チャイナエアラインの北米への直行便はこれで6便となりました。第1便となるCI-022は、台湾時間の午後11時30分に台北(桃園国際空港)を出発し、15日の午前10時にシアトル(タコマ国際空港)に到着しました。搭乗率は95%で乗客数281人、そのうち45%が乗り継ぎ客でした。 チャイナエアラインの今年上半期(1~6月)

「屏東夏祭り」開催、遊園地やアート施設が登場

7月20日から8月25日まで、南部の屏東県で「屏東夏日狂歓祭(屏東夏祭り)」が開催されます。会場となる屏東市の県民公園には、コーヒーカップや回転木馬などを設置した遊園地や、パブリックアートの巨大怪獣「書鴨(シューヤー)」が登場し、親子で楽しめるイベントとなっています。また、アート施設や、没入型の光のアートや、ナイトミュージアムも登場し、親子連れ以外も楽しめるようになっていると、屏東県は来場を呼びか

Comentarios


bottom of page