top of page

台北交流協会、大震災支援の感謝を込めて日台友好の動画を公開

東日本大震災から今年で11年の節目を迎えるに当たり、日本台湾交流協会は3月10日、同協会の設立50周年を記念して特別に制作された動画を公開しました。

動画制作チームは震災の被害を受けた岩手県や福島県で撮影を行い、「日台友好」、「感謝台湾」などの言葉が書かれた手書きのカードを持ち、台湾への感謝と友情を伝える大勢の地元住民の姿を記録しました。

この動画は、フェイスブック(FB)、YouTube(ユーチューブ)、インスタグラム(IG)などで公開されています。

関連記事

重要無形文化財「豊前神楽」が台湾公演を予定、7月に

5月21日に開設された福岡県豊前市台北連絡処が、重要無形民族文化財に指定されている「豊前神楽」の台湾で初めての公演を7月におこなう予定であると発表しました。また、台湾の祭りばやし「陣頭」の「八家将」との文化交流も予定しています。 豊前市の後藤元秀市長は、重要無形文化財である豊前神楽を台湾の人たちへ初めて見せることが出来、嬉しく思うと述べ、台湾の人たちへ豊前神楽を知ってもらい、台日文化交流を促進した

東京で台湾映画紹介イベント、台湾映画ファンを増やす

文化部駐日台湾文化センター(東京都)が主催する台湾映画を紹介するイベント「台灣行動電影院(台湾映画上映会2024)」が5月に始まり、第2回目となる上映会が5月24日に同センターでおこなわれました。上映会では今年の大阪アジアン映画祭で好評だった「春行」が上映されました。 このイベントは2016年より毎年開催されており、日本で台湾映画ファンを着実に増やし、毎回の上映会はすぐに予約が満員となります。今年

サッカー元日本代表の本田圭佑氏が訪台、4人制サッカーをPR

サッカー元日本代表の本田圭佑氏が5月25日、台北市でイベントを開催し、自身が考案した子供向けの4人制サッカー「4v4」をPRしました。本田氏の訪台は8年ぶり。本田氏は「4v4」のアジアカップを2025年に開催の為、引き続きアジア各国での宣伝活動をおこなう予定で、台湾の参加にも期待を寄せています。

Comments


bottom of page