top of page

台北交流協会に日本の現役防衛省職員派遣

日本政府は、対台湾窓口機関、日本台湾交流協会の台北事務所に防衛省の現役文官職員を派遣する方針を固めました。 台湾海峡情勢で緊迫度が増していることを受けた措置で、今夏にも派遣します。

台湾には現在、退役した自衛官が駐在していますが、現役防衛省職員の派遣は初めてとなります。

関連記事

マレーシア、出入国自動化ゲート利用対象に中華民国を追加

外交部が5月24日、マレーシアの出入国審査の自動化ゲート利用対象に中華民国パスポート所持者が6月1日より追加されると発表しました。政府は、中華民国パスポートが自動化ゲートを利用出来る国を増やそうと働きかけており、マレーシアが10番目の国となります。 マレーシアの自動化ゲートの利用には申請が必要で、初回は一般の外国人用の入国審査レーンに並び、手続きをおこないます。出国からは自動化ゲートを利用可能で、

タイが台湾人旅客のノービザ待遇を6カ月延長、11月まで

タイ政府が昨年、2023年11月10日から2024年5月10日の期間、台湾人旅客が査証なしでタイに30日間滞在できるノービザ滞在を閣議で決定していましたが、タイ政府が5月7日、ノービザ滞在を6カ月延長すると決定しました。11月11日まで、従来通りビザなしで滞在が可能です。外交部はプレスリリースでこの決定を歓迎し、関係省庁による「新南向政策」推進の成果であると述べています。

東京都と国発会のSIT、スシテック期間中にMOU締結

5月15、16日に東京都で開催されたスシテック東京のグローバルスタートアッププログラムに、国家発展委員会(国発会)が後援するStartup Island TAIWAN(SIT)が台湾のスタートアップ30社を率いて台湾パビリオンを出展しました。また期間中、SITが東京都とスタートアップの成長協力の促進についてのMOUを締結しました。 グローバルスタートアッププログラムに出展した台湾パビリオンは盛況で

Comments


bottom of page