top of page

台北市・新北市・宜蘭県の店内飲食、3日より解禁

台北市、新北市、宜蘭県は7月2日、飲食店の店内飲食を3日より解禁すると発表しました。 店内飲食を再開する場合は、各テーブルに仕切りの設置、座席の間隔を確保し、飲食時以外はマスクを着用することなど、ガイドラインに従う必要があります。 また、試食や食べ歩きは禁じられます。

関連記事

ミシュラン「セレクテッドレストラン」、台南市から新たに3軒

国際的なグルメ評価雑誌「ミシュランガイド」の台湾グルメを紹介する「ミシュランガイド台湾」で、「セレクテッドレストラン」に新たに8軒のレストランが掲載され、台南市からは3軒が加わりました。 台南市の黃偉哲市長は、今年の1~4月にも台南市から4軒が「セレクテッドレストラン」に加わっており、今回の3軒の追加で台南市は「ビブグルマン」35軒、「セレクテッドレストラン」26軒の合計61軒の掲載となったとし、

医療機関などでのマスク着用、「義務」から「推奨」へ

新型コロナウイルス対策により2020年12月1日より義務化されていた医療機関、介護施設でのマスク着用が、5月19日より「義務」が解除されて「推奨」へ調整されます。今回のマスク着用義務の解除で、台湾のすべての場所でのマスク着用義務が解除されることになります。 推奨に調整されますが、体調が優れない場合や、妊婦や高齢者、病院や人が密集する場所へ赴く場合にはマスクを着用するよう注意を呼びかけています。

レストランバス第2号、台北市で運行開始

2021年12月より台北市で運行を開始した2階建てバスを利用したレストランバスの第2号が、4月10日にお披露目されました。完全予約制のレストランバスは乗車時間約1時間半で、ランチ、アフターヌーンティー、ディナーを食べながら台北の風景を楽しむことが出来ます。価格は1,100~1,950台湾元。第1号バスはこれまでに約3.9万人が利用しており、利用者の約3割が外国人旅客と、観光資源としての高いポテンシ

Comments


bottom of page