top of page

台北101、カウントダウン花火で年越し

毎年の恒例行事となっている台北101のカウントダウン花火ですが、 今年は約150万人が信義区でカウントダウン花火を鑑賞し2020年を迎えました。

今年のカウントダウン花火のテーマは「希望の光・台湾」となっており、 300秒間に打ち上げられたた約1万6,800発の花火の他、 台北101に設置された巨大なLED「T-PAD」にはタイワンヤマネコやツキノワグマなどといった 台湾独自の希少動物のイラストが表示されました。

カウントダウン花火の様子は台湾外交部が運営する動画サイトのチャンネルで見ることができます。

2020年カウントダウン花火の動画はこちら

関連記事

台北ツーリズムエキスポ、5月31日より

台北市の世界貿易センター1館で5月31日から6月3日の4日間、「2024台北国際観光博覽会(台北ツーリズムエキスポ)」が開催されます。18回目の開催となる今回は、国内外から520の業者と団体が800近いブースを出展し、30万人の来場が予想されています。海外からは12カ国が出展し、日本からは日本政府観光局、福岡県、鳥取市なども参加します。 2024台北國際觀光博覽會 公式ページ (繁体中国語) ht

福隆サンドアートフェスティバル、5月31日より

「福隆国際沙雕芸術季(福隆国際サンドアートフェスティバル)」が5月31日より、新北市の福隆海水浴場で開催されます。17年目を迎える今年は「LINE FRIENDS」とのコラボで、キャラクターのサンドアートなど全45作品が展示されます。また、6月と7月には映画の屋外上映イベント「Skyline Film By Sea福隆海灘電影院」が開催されます。開催期間は10月31日まで。 日本から参加したアーテ

重要無形文化財「豊前神楽」が台湾公演を予定、7月に

5月21日に開設された福岡県豊前市台北連絡処が、重要無形民族文化財に指定されている「豊前神楽」の台湾で初めての公演を7月におこなう予定であると発表しました。また、台湾の祭りばやし「陣頭」の「八家将」との文化交流も予定しています。 豊前市の後藤元秀市長は、重要無形文化財である豊前神楽を台湾の人たちへ初めて見せることが出来、嬉しく思うと述べ、台湾の人たちへ豊前神楽を知ってもらい、台日文化交流を促進した

Comments


bottom of page