top of page

台北101年越し花火、11万人以上が集まる

台北市のランドマークである高層ビル、台北101は元日、毎年恒例で行われているカウントダウン花火を打ち上げました。 約1万6000発の花火が打ち上げられたほか、ビルの壁面に設置するイルミネーション装置「TPAD」を融合させた演出を2年ぶりに実施しました。

台北市観光伝播局の統計によると、このイベントのために集まって一緒に新年を迎えた人は少なくとも11万人以上に達しました。

台北101 公式サイト https://www.taipei-101.com.tw/ja/

関連記事

「屏東夏祭り」開催、遊園地やアート施設が登場

7月20日から8月25日まで、南部の屏東県で「屏東夏日狂歓祭(屏東夏祭り)」が開催されます。会場となる屏東市の県民公園には、コーヒーカップや回転木馬などを設置した遊園地や、パブリックアートの巨大怪獣「書鴨(シューヤー)」が登場し、親子で楽しめるイベントとなっています。また、アート施設や、没入型の光のアートや、ナイトミュージアムも登場し、親子連れ以外も楽しめるようになっていると、屏東県は来場を呼びか

新潟県で「大地の芸術祭」開催、台湾アーティストの作品も展示

7月13日に開幕した新潟県十日町市と津南町の野外芸術祭「大地の芸術祭ー越後妻有アートトリエンナーレ」で、台湾アーティストの作品が展示されています。文化部台北駐日経済文化代表処台湾文化センターが大地の芸術祭と提携し、台湾の建築家の黄声遠さんが率いる建築設計事務所「田中央工作群(Fieldoffice Architects)」や絵本作家の幾米(ジミー・リャオ)さんを招待しました。「田中央工作群」は東京

Comments


bottom of page