top of page

台南から京都・高台寺へ、昭和天皇お手植えの桜を植樹

台南市と京都府京都市の高台寺が3月22日、北政所(ねね)の没後400年を記念して台湾の桜を高台寺へ植樹する式典を開催しました。植樹された桜の苗木は、1923年に昭和天皇(当時は皇太子)が台湾を訪問した「台湾行啓」の際に、昭和天皇自らがお手植えした桜の木から育てられたものです。台南市と京都市は共に「世界歴史都市連盟」の一員で、2021年に両市は交流促進協定を締結しています。


台南市からは趙卿惠副市長ら訪問団が日本へ赴き、台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表と共に式典に参加しました。謝代表は、昭和天皇が台湾でお手植えした桜が再び日本へ植樹されることは、日本と台湾、京都と台南の友好が、桜の花が満開になるように花開いたことを象徴していると述べています。


関連記事

台湾と沖縄の自転車競技団体、姉妹協会を締結

台湾の自転車競技の大会を主催する「台湾96自転車協会」と沖縄県自転車競技連盟が6月16日、台北市天母で開催された「96サイクリングレース」の会場で、姉妹協会を締結しました。双方は今後、文化伝達、経済、教育、スポーツ選手の育成など幅広い分野で交流し、相互理解と協力を深めます。 沖縄県自転車競技連盟の津留崎由文会長は、お互いのレースへの参加を通じて、更に多くの沖縄の選手が台湾のレースに参加できるように

台湾のオーケストラ「湾声楽団」、熊本公演で地元高校生と共演

台湾のオーケストラ「湾声楽団」の「世界十大音樂廳展演計画(世界十大ホールツアー計画)」の1カ所目となる東京公演が、今月21日にサントリーホールでおこなわれます。それに先立って19日、台湾積体電路製造(TSMC)関連企業の支援による熊本公演が熊本県立劇場コンサートホールでおこなわれます。地元高校の合唱団と共演し、「さくらさくら」と「荒城の月」、中国語で「小城故事」が披露されます。 湾声楽団の音楽監督

カヤックで花蓮から石垣島を目指すテレビ企画、挑戦成功

4月29日の記者会見で発表されたカヤックで台湾の花蓮から沖縄県の石垣島を目指す台日合作のリアリティー番組「上船了各位!」で、企画に参加した台湾の芸能人7人が6月11日に挑戦に成功し、石垣島に到着しました。13日に記者会見がおこなわれ、台湾日本関係協会の蘇嘉全会長、沖縄県の池田竹州副知事、応援団長として番組に参加した実業家のROLAND氏らが出席し、鏡開きで成功を祝いました。番組は台湾では7月20日

Comments


bottom of page