top of page

台南一中、日本の高校2校と姉妹校締結

国立台南一中(台南第一高校)が3月6日、日本の駒場東邦高校(東京都)、藤枝東高校(静岡県)のそれぞれと2月22日に姉妹校協定を締結したと発表しました。交換留学や相互訪問、教育旅行、国際教育交流などでの協力を計画しています。


台南一中は1976年に一校目の姉妹校となる韓国の慶熙中学・高校と協定を締結していますが、その後長らく新たな姉妹校協定は締結していませんでした。今回姉妹校協定を締結した日本の2校は、今年の夏休みに台南一中が主催する「持続可能な開発目標(SDGs)研究と実習成果検討会」に参加予定です。

関連記事

台湾の環境教育関係者ら訪問団、日本のESDを視察

台湾の各県市より派遣された環境教育関係者らで組織された訪問団が、日本の学校や民間組織におけるESD(持続可能な開発のための教育)の視察をおこないました。今回の訪問団は中華民国環境教育学会と日本の特定非営利活動法人持続可能な開発のための教育推進会議(ESD-J)が企画したもので、訪問団は東京都多摩市の多摩市立連光寺小学校、多摩市立和田中学校、東京都中野区の新渡戸文化高等学校を視察しました。 多摩市で

台北市と茨城県笠間市の小学校、姉妹校協定を締結

台北市中山区の濱江国小(小学校)の4~6年生の児童16名が、6月9日から13日に茨城県笠間市の岩間第三小学校を訪れ、同校の5年生の児童と国際交流をおこないました。 日本人の先生とアメリカ籍の講師によるバイリンガルの体育の授業がおこなわれ、双方の児童らは玉入れやおにごっこなどの遊びで交流を深めました。また濱江国小と岩間第三小学校は、今後の交流の継続の為に姉妹校協定を締結、 濱江国小の吳勝學校長と岩

屏東大学日本語学科の学生、鹿児島県で日本語・文化研修のチャンス

今年1月に屏東県と友好交流協定を締結した鹿児島県が実施している「海外日本語・日本文化研修」で、屏東県の学生へ10名の参加枠を提供することになりました。この研修は鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター(KAPIC)に委託して実施されています。 現在、国立屏東大学応用日文系応用日本語学科で参加者の選定がおこなわれており、来年の2月に10日間の日程で文化研修がおこなわれます。参加者は往復航空券と3万円を

Comments


bottom of page