top of page

台南市の神社跡の鳥居、修復作業中

台南市にある新化神社遺跡は新化區虎頭埤風景區に位置し、2014年に台南市の重要歴史建築に認定されました。観光局は文化部からの補助金1,500万台湾元を利用して今年4月より新化神社遺跡の修復を開始し、まずは鳥居の修復を行っています。


新化神社は日本統治時代末期の1943年9月に完成した神社で、外苑には鳥居、御神橋、神職人員の宿舎があり、内苑には休憩所、手水社、拜殿、本殿、祭器庫、社務所、地下防空壕などがありましたが、戦後に多くの建物は撤去されて現在では鳥居などの一部が残るのみとなっています。

関連記事

台北101展望台、上半期の入場者数が3割成長

台北101(台北市信義区)の統計によると、2024年上半期(1~6月)の101展望台への入場者数は前年同期比3割増加、コロナ前である2019年の85%まで回復しました。入場者び8割以上が外国人旅客で、中でも韓国人旅客が最多でした。 台北101のショッピングモールは昨年から今年にかけて国際ブランド店のリニューアルやオープンが続き、売り上げが安定して成長しています。また夏休み期間の7月1日~9月30日

子どもの職業体験「キッザニア」、ららぽーと南港に出店へ

今年開業予定の三井ショッピングパークららぽーと南港(台北市南港区)に、2025年末に「キッザニア」が入居予定であると台湾三井不動産が7月4日に発表しました。「キッザニア」は2歳から14歳の子どもを対象とした職業体験がおこなえる室内型テーマパークで、日本へは2006年以降3店舗が進出しており、台湾へは今回が初進出となります。 ららぽーと南港の「キッザニア」は約2,000坪で、航空会社の星宇航空(スタ

誠品生活の大型店、28年に高鉄桃園駅前に出店

台湾高速鉄路(高鉄)桃園駅前に2028年に完成予定のビルに、書店・雑貨店の誠品生活(エスライト・スペクトラム)が大型店舗を出店すると発表しました。出店予定のビルは、プリント基板(PCB)大手メーカーの臻鼎科技(ZDT)の本社ビルで、ビルの建設は2025年より着工されます。13階建ての1階から4階に入居予定で、売り場面積5,000坪の桃園市で初の大型店舗の出店となります。 誠品生活の呉旻潔董事長は、

Comments


bottom of page