top of page

台南観光物産展、山形市の道の駅で開催

台南市が2月27,28日、山形市の道の駅「やまがた蔵王」で観光物産展を開催し、2日間で5万人以上が来場しました。台南市観光旅遊局は日本語の台南旅行パンフレットや、日本の大手出版社とのコラボで出した「地球の歩き方 Plat 台南」など、12種類の日本語版の観光案内を準備しました。また、台南のホテル、民宿、観光工場に関する展示や、マンゴーやパイナップルのドライフルーツや、台南産のランの花を原料とした化粧品など、台南を代表するお土産品や農産品を並べました。


台南市と山形市は1993年に台南市進出口商業同業公会と山形商工会議所の姉妹協定より交流が始まり、民間での交流から次第に行政での交流へ発展し、2017年に両市は友好交流協定を締結しました。

関連記事

東京で台南産マンゴー試食販売会、黄市長もPR

台南市の黃偉哲市長が7月12日、東京都品川駅近くの三越伊勢丹グループのエムアイフードスタイルが運営するスーパー「クイーンズ伊勢丹」品川店で、台南産マンゴーの発表と試食販売会をおこないました。 販売されたマンゴーは、今年3月に東京で開催された食品の見本市「FOODEX JAPAN 2024」で日本企業から注文を受けた25トンのうちの一部です。価格は2,000円、1,200円、1,000円の3種類。

日本のインフルエンサー、台中市で低炭素観光を体験

台中市観光旅遊局と航空会社が協力し、日本のインフルエンサーの「ちょびっとカップル」の2人を台中市に招待しました。東京からの直行便で台中市に到着した2人は、台中市と南投県の観光スポットを、台中観光バスや観光シャトルバス「台湾好行」を利用する二酸化炭素排出量が少ない「低炭素観光」で楽しみました。台中市観光旅遊局によると、2人は高美湿地、逢甲夜市などの台中の人気スポットのほか、台中市郊外や南投県の日月潭

山口県防府市の学校給食に嘉義県産パイナップル

山口県防府市の中学校15校で7月9日、嘉義県産パイナップルが給食のデザートで提供され、嘉義県の翁章梁県長が防府市立国府中学校を訪れ、生徒らと一緒に嘉義県産パイナップルを味わいました。また、「台灣神農獎」を受賞した経験のある生産者で打猫果菜生産合作社理事主席を務める陳映廷さんが、生徒らへパイナップルの育成や生産環境、甘さの秘密や栄養価を紹介しました。 嘉義県産のパイナップルは今年既に650トン以上が

Comentários


bottom of page