top of page

台湾、ホテル建設ラッシュ続く

 遠雄悦来大飯店(ファーグローリーホテル)は11月27日、親グループの遠雄企業団(ファーグローリー・グループ)が、台北市信義区で建設中の大型多目的施設「台北ドーム」の敷地内に設置するホテル(2016年完成予定)や、宜蘭県礁渓郷の五峰旗風景区、阿里山、陽明山といった観光地で設置を計画しているホテルの経営を遠雄悦来大飯店が手掛けることになると語った。

 遠雄悦来大飯店が管理するホテルの客室数は、計画中のホテルが営業を開始する3年後には1,500室に増加。5~6年後には高雄市や屏東県、花蓮県の遠雄海洋公園にもホテルが完成する予定で、客室数は3,000室を突破する見通しです。

 天成飯店集団(コスモスホテル)は12月17日、個人旅行者やバックパッカーをターゲットにした新ホテル、蜂巣(ビー・ハウス)を台北市大同区でプレオープンした。平均客室単価の目標は3,000台湾元(約1万円)。成長余地が非常に大きい価格帯のため、初年度の客室稼働率85~90%も狙えると述べた。

 ビー・ハウスは北欧風の内装が特徴で、客室数32室。日本や欧米、中国、香港、マカオ、シンガポール、マレーシアからの旅行者が主なターゲットだ。今後は毎年1店ずつ出店する予定で、フランチャイズ方式で出店を加速する可能性もある。

 天成飯店集団はビー・ホテルなど6ブランドを擁し、交通部観光局の1~10月統計によると、天成大飯店(台北コスモスホテル)、台北花園大酒店(台北ガーデン・ホテル)は星付きホテルの客室稼働率で上位2位を占めている。さらに、花蓮県でリゾートホテル、瑞穂春天国際観光飯店を来年第1四半期に着工、2016年にオープンする計画です。

関連記事

グリーンワールド新仕界、改装工事延期のお知らせ

4/1からグリーンワールド新仕界(洛碁大飯店新仕界)の改装工事ですが、ホテルの都合により延期する事になりました。新たな情報が入り次第、またお知らせいたします。 期間: 旧:2024/04/01 ~ 2024/06/30 新:2024/04/01 ~ 2024/07/31(予定) 時間:毎日08:00~18:00 範囲:ロビー、客室2~6階、8階、9階 内容:壁紙と絨毯の張替え ※期間中、通常通り営

長野県池の平ホテル、台湾のリゾートホテルと友好交流協定

天成飯店グループ傘下の瑞穗天合國際觀光酒店(グランドコスモスリゾート瑞穂花蓮)と長野県の池の平ホテル&リゾーツが5月14日、友好交流の協定を締結しました。今後両ホテルは交流を通じて知名度の向上、また施設だけではなく地域の観光発展の促進を目指します。 今回の友好交流協定は、彰化県の田中駅と信濃鉄道の田中駅が姉妹駅を締結したことがきっかけとなりました。グランドコスモスリゾート瑞穂花蓮は2万坪の敷地に観

ロイヤルイン台北南西、お湯が一時断水のお知らせ

ロイヤルイン台北南西(老爺会館 台北南西)ですが、ガスボイラーの定期メンテナンスに伴い、下記期間中にお湯が一時断水する可能性があります。 期間:2024年06月12日(水) 停水時間:12:00~18:00 範囲:全館 ※期間中に通常通り営業を行います。 ※日程は予告なく変更される場合がございます。 ---------------------- ロイヤルイン台北南西/老爺会館 台北南西 台北市中山

Commenti


bottom of page