top of page

台湾が日本への渡航に注意喚起、日本への旅行にも影響

日本での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、 台湾の中央流行疫情指揮センター2月14日、 日本に対して海外旅行感染症情報レベルを1(3段階の内の最低レベル)を出し、 日本に行く台湾人旅行客に対し手洗いうがい等の予防対策を行うよう呼びかけました。

中央流行疫情指揮センターの荘人祥監測応変官は 今回日本に対して感染症情報レベル1を出したものの、 日本は現在感染が拡大しているとはっきりとは言えない状況であると説明し、 日本から台湾に入境した旅客に対しては自主健康管理等の措置は取らないとしています。

日本に対する感染症情報レベル1発表後、 台湾の旅行会社に日本への旅行をキャンセルする電話が相次ぎ、 大手旅行会社によると約4割のキャンセルがあったと明かしています。

関連記事

マレーシア、出入国自動化ゲート利用対象に中華民国を追加

外交部が5月24日、マレーシアの出入国審査の自動化ゲート利用対象に中華民国パスポート所持者が6月1日より追加されると発表しました。政府は、中華民国パスポートが自動化ゲートを利用出来る国を増やそうと働きかけており、マレーシアが10番目の国となります。 マレーシアの自動化ゲートの利用には申請が必要で、初回は一般の外国人用の入国審査レーンに並び、手続きをおこないます。出国からは自動化ゲートを利用可能で、

重要無形文化財「豊前神楽」が台湾公演を予定、7月に

5月21日に開設された福岡県豊前市台北連絡処が、重要無形民族文化財に指定されている「豊前神楽」の台湾で初めての公演を7月におこなう予定であると発表しました。また、台湾の祭りばやし「陣頭」の「八家将」との文化交流も予定しています。 豊前市の後藤元秀市長は、重要無形文化財である豊前神楽を台湾の人たちへ初めて見せることが出来、嬉しく思うと述べ、台湾の人たちへ豊前神楽を知ってもらい、台日文化交流を促進した

スターラックス航空が台北-香港線の就航を発表、7/16より

スターラックス航空が台北(桃園)~香港線を7月16日より運航開始すると発表し、5月27日より販売を開始しました。1日2便、週14便の運航を予定しています。機材はエアバスA330-900型、A350-900型、ワイドボディ機が使用されます。運航スケジュールは下記の通りです。 JX231 台北(桃園) 08:00 - 香港 09:40 毎日運航 JX235 台北(桃園) 16:50 - 香港 18:3

Comments


bottom of page