top of page

台湾とドイツ、出入国審査自動化ゲート相互利用

移民署とドイツ在台協会は12月12日、台湾とドイツが出入国審査自動化ゲートを相互利用し始めると発表しました。

即日より相互利用が可能です。

自動化ゲートの相互利用が可能になったことで、台湾のパスポート所持者はドイツを訪問する際に入国審査時間が短縮され、スムーズに入国できます。

台湾側にとってもより多くのドイツ人を台湾に引き付けることができると期待されます。

関連記事

2023年の訪台旅客数、コロナ前の5割まで回復

交通部観光署の統計によると2023年の訪台旅客数は前年から7.24倍増加して648万6,951人、コロナ前の2019年と比較すると54.68%まで回復しました。また、台湾からの海外旅行者数は前年から7.95倍増加して422万5,804人、2019年と比較すると68.9%まで回復しました。このうち、訪台日本人旅客数は92万8,235人で香港マカオに次いで2位、訪日台湾旅客数は422万5,804人で台

参議院議員2名が賴清德福総統を表敬訪問

日本の北村経夫参議院議員と堀井巌参議院議員が2月19日午前、賴清德副総統を表敬訪問しました。賴副総統は、日本政府などのサポートにより1年8カ月という短い期間でTSMCの熊本工場が完成して開幕を迎えられること、また、1月の総統選挙の際に日本政府と国会がいち早く祝意を表明したことに対して感謝を述べました。 北村議員は、能登半島の震災への台湾からの義援金について感謝を延べ、また、故安倍晋三元首相の母親で

インド人労働者受け入れ、台湾とインドがMOUを締結

台湾とインドが2月16日、台湾でのインド人労働者の受け入れについてのMOUを締結しました。台湾側は駐インド台北経済文化中心の葛葆萱代表がインドで、インド側はインド-台北協会(India-Taipei Association)のManharsinh L. Yadav会長が、ビデオ会議方式で署名をおこないました。締結されたMOUでは、受け入れ業種や人数は台湾側で決めることが明記されており、インド側は台

bottom of page