top of page

台湾に短期滞在の日本人、帰国後新型肺炎の感染を確認

台湾中央流行疫情指揮センターは6月24日の台湾時間17時30分に再度記者会見を開き、 台湾に短期滞在していた日本人女性1名が6月20日に帰国後、日本の空港で新型コロナウイルスの陽性反応が確認された事を発表しました。

陳時中指揮官によると 感染が確認された日本人女性は2月末から台湾南部に滞在していた学生で、 接触の恐れがある教師や学生などの140名は既に在宅検疫又は自主健康管理の対応措置を取っていると説明、 現在は日本から検査結果のデータを待っている状況で、今後はそれらの情報を元に感染源について調べていくとしています。

中央流行疫情指揮センター公式サイト(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

関連記事

5月16日に内閣総辞職、5月20日より新総統就任のため

5月20日の頼清徳新総統の就任、新内閣の発足を控え、5月16日に陳建仁行政院長率いる行政院会(内閣)は総辞職を決定しました。行政院会の終了後、陳院長は全ての閣僚を率いて行政院ビルの外で「卒業」の記念撮影をおこないました。 陳院長は挨拶で、国と国民に利益をもたらす政策を積極的に推進してきたと、行政への感謝を述べました。陳院長は2023年1月、辞任した蘇貞昌前行政院長の後任として就任しました。

ロイヤルイン台北南西、お湯が一時断水のお知らせ

ロイヤルイン台北南西(老爺会館 台北南西)ですが、ガスボイラーの定期メンテナンスに伴い、下記期間中にお湯が一時断水する可能性があります。 期間:2024年06月12日(水) 停水時間:12:00~18:00 範囲:全館 ※期間中に通常通り営業を行います。 ※日程は予告なく変更される場合がございます。 ---------------------- ロイヤルイン台北南西/老爺会館 台北南西 台北市中山

台南州立台南農業学校の日本統治時代の木造宿舎、保存修理を開始

台南市で5月14日、旧台南州立台南農業学校職員宿舎(台南市永康区)のうち現存する4棟8戸の保存修理が開始されました。総工費1億元(約4.8億円)、修理期間は3年を予定しており、2027年に竣工予定です。台南州立台南農業学校は日本統治時代の1939年に完成しました。今回保存修理がおこなわれる職員宿舎は1943年に完成、2ヘクタールの土地に校長用宿舎と5棟10戸の主任級宿舎が建てられました。 台南市の

Comentários


bottom of page