top of page

台湾のオーケストラ「湾声楽団」、熊本公演で地元高校生と共演

台湾のオーケストラ「湾声楽団」の「世界十大音樂廳展演計画(世界十大ホールツアー計画)」の1カ所目となる東京公演が、今月21日にサントリーホールでおこなわれます。それに先立って19日、台湾積体電路製造(TSMC)関連企業の支援による熊本公演が熊本県立劇場コンサートホールでおこなわれます。地元高校の合唱団と共演し、「さくらさくら」と「荒城の月」、中国語で「小城故事」が披露されます。


湾声楽団の音楽監督の李哲藝氏は6月13日におこなわれた記者会見で、ツアーを通じて湾声楽団のレベルを示すだけでなく、台湾を世界の音楽会で一定の地位に立たせられると思うと述べました。

関連記事

「屏東夏祭り」開催、遊園地やアート施設が登場

7月20日から8月25日まで、南部の屏東県で「屏東夏日狂歓祭(屏東夏祭り)」が開催されます。会場となる屏東市の県民公園には、コーヒーカップや回転木馬などを設置した遊園地や、パブリックアートの巨大怪獣「書鴨(シューヤー)」が登場し、親子で楽しめるイベントとなっています。また、アート施設や、没入型の光のアートや、ナイトミュージアムも登場し、親子連れ以外も楽しめるようになっていると、屏東県は来場を呼びか

新潟県で「大地の芸術祭」開催、台湾アーティストの作品も展示

7月13日に開幕した新潟県十日町市と津南町の野外芸術祭「大地の芸術祭ー越後妻有アートトリエンナーレ」で、台湾アーティストの作品が展示されています。文化部台北駐日経済文化代表処台湾文化センターが大地の芸術祭と提携し、台湾の建築家の黄声遠さんが率いる建築設計事務所「田中央工作群(Fieldoffice Architects)」や絵本作家の幾米(ジミー・リャオ)さんを招待しました。「田中央工作群」は東京

Comments


bottom of page