top of page

台湾のサクラのシーズン、例年より早めに到来の見込み

中央気象署が1月11日、今年は台湾全土のサクラが暖冬の影響を受け、例年より17~19日早く開花する見込みだと発表しました。台湾中部の南投県にあるテーマパーク「九族文化村」では1月23日にヤエザクラの開花状況が5%になる見込みで、例年平均の2月9日より17日早い開花の見込みとなっています。花見のシーズンは2月1日~7日の見込みで、例年の2月19日~26日より19日早まっています。サクラの開花に関する最新情報は、気象署と農業部創業試験所が開発したウェブサイト「農業気象観測網」で確認が出来、毎日午後2時半に情報が更新されます。


農業氣象觀測網 (繁体中国語)

関連記事

台湾のオーケストラ「湾声楽団」、熊本公演で地元高校生と共演

台湾のオーケストラ「湾声楽団」の「世界十大音樂廳展演計画(世界十大ホールツアー計画)」の1カ所目となる東京公演が、今月21日にサントリーホールでおこなわれます。それに先立って19日、台湾積体電路製造(TSMC)関連企業の支援による熊本公演が熊本県立劇場コンサートホールでおこなわれます。地元高校の合唱団と共演し、「さくらさくら」と「荒城の月」、中国語で「小城故事」が披露されます。 湾声楽団の音楽監督

カヤックで花蓮から石垣島を目指すテレビ企画、挑戦成功

4月29日の記者会見で発表されたカヤックで台湾の花蓮から沖縄県の石垣島を目指す台日合作のリアリティー番組「上船了各位!」で、企画に参加した台湾の芸能人7人が6月11日に挑戦に成功し、石垣島に到着しました。13日に記者会見がおこなわれ、台湾日本関係協会の蘇嘉全会長、沖縄県の池田竹州副知事、応援団長として番組に参加した実業家のROLAND氏らが出席し、鏡開きで成功を祝いました。番組は台湾では7月20日

福島県三島町の工芸品展、国立台湾工芸研究発展センターを招待

6月8,9日に福島県三島町の生活工芸館で開催された第38回「ふるさと会津工人まつり」に、三島町の招待を受け国立台湾工芸研究発展センターが工芸品を展示しました。双方は昨年9月に友好交流協定を締結しています。 国立台湾工芸研究発展センターは「地域コミュニティの工芸品」をコンセプトに、台湾の柿渋染め、イグサ、稲わら、月桃、竹などを使った編み細工、噶瑪蘭族、阿美族、太魯閣族などの先住民族の織物などを展示し

Comments


bottom of page