top of page

台湾の環境教育関係者ら訪問団、日本のESDを視察

台湾の各県市より派遣された環境教育関係者らで組織された訪問団が、日本の学校や民間組織におけるESD(持続可能な開発のための教育)の視察をおこないました。今回の訪問団は中華民国環境教育学会と日本の特定非営利活動法人持続可能な開発のための教育推進会議(ESD-J)が企画したもので、訪問団は東京都多摩市の多摩市立連光寺小学校、多摩市立和田中学校、東京都中野区の新渡戸文化高等学校を視察しました。


多摩市では2009年より「2050年の大人づくり」を理念とした、地域性を取り入れたESDが推進されています。今回の訪問では、台湾側も台湾での環境教育の成果を紹介し、交流を深めました。


関連記事

山口県防府市の学校給食に嘉義県産パイナップル

山口県防府市の中学校15校で7月9日、嘉義県産パイナップルが給食のデザートで提供され、嘉義県の翁章梁県長が防府市立国府中学校を訪れ、生徒らと一緒に嘉義県産パイナップルを味わいました。また、「台灣神農獎」を受賞した経験のある生産者で打猫果菜生産合作社理事主席を務める陳映廷さんが、生徒らへパイナップルの育成や生産環境、甘さの秘密や栄養価を紹介しました。 嘉義県産のパイナップルは今年既に650トン以上が

台南と北海道の小学生がオンライン交流、双方の特産品を紹介

台南市の公園国小(小学校)と北海道富良野市の扇山小学校が、それぞれの特産品を紹介するオンライン交流をおこないました。公園国小からは4,5年生の児童30人が参加しマンゴーを紹介、扇山小学校からは5年生の児童47人が参加し地元で作られるチーズとにんじんジュースを紹介しました。双方の特産品は事前に相手方に届けられており、お互いの特産品を味わいながら交流が深められました。 台南市は現在、日本の14都市と友

「台湾留学フェア」東京と横浜で開催、台湾の大学18校が出展

「2024台湾留学フェア」が、東京で6月15日、横浜で6月17日に開催されました。台湾の教育部が設立した日本台湾教育センターが主催するイベントで、台湾大学や台湾師範大学など、台湾各地の大学18校が参加してブースを設置し、学生や保護者からの質問に応じました。 このイベントは新型コロナウイルスの流行で休止していましたが昨年より復活、沖縄県那覇市で開催し100人余りが来場しました。15日に東京で開催され

Comments


bottom of page