top of page

台湾の12大学と九州・沖縄の11大学、国際連携のMOU締結

台湾の12大学が組織する学群学術プラットフォーム「国家重点領域国際合作聯盟(UAAT)」と、九州と沖縄の11校の国立大学法人が組織する「九州・沖縄オープンユニバーシティ(KOOU)」が4月22日、国際連携のMOUを締結し、台湾の教育部が2024年から2028年にかけて毎年5,000万台湾元(約2.3億円)の補助をおこなうと明らかにしました。MOUの調印式は福岡でおこなわれ、UAATの12校すべての代表が日本を訪れ、KOOUの11校からも学長、副学長らが参加、また、教育部の劉孟奇政務次長や福岡市の高島宗一郎市長らが立ち合いました。


劉政務次長は、台湾と日本の貿易と投資関係の高まりに伴い、特に台湾積体電路製造(TSMC)の熊本工場建設後、双方の教育における協力の深化が更に必要となると述べており、今回のMOU締結による台日の教育交流の深化へ期待を寄せました。

関連記事

屏東大学日本語学科の学生、鹿児島県で日本語・文化研修のチャンス

今年1月に屏東県と友好交流協定を締結した鹿児島県が実施している「海外日本語・日本文化研修」で、屏東県の学生へ10名の参加枠を提供することになりました。この研修は鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター(KAPIC)に委託して実施されています。 現在、国立屏東大学応用日文系応用日本語学科で参加者の選定がおこなわれており、来年の2月に10日間の日程で文化研修がおこなわれます。参加者は往復航空券と3万円を

日本台湾交流協会と政治大学、研究者育成支援のMOU締結

日本台湾交流協会が、5月27日に政治大学歴史学科・台湾史研究所と日本研究者育成支援事業に関する協力のMOUを締結したと発表しました。日本を研究対象として博士号を取得した人へ、同協会が支援して「日本研究ポストドクター研究員」として同大学で雇用する仕組みが設立されました。同協会が同様のMOUを締結したのは、昨年の中興大に続いて2校目となります。支援事業の募集要項は、近日中に公開されます。

防災教育の台日交流、新北市でセミナー開催

教育部と日本台湾交流協会が共同で5月23日、防災教育に関する国際セミナー「全国防災教育人員知能與成長精進暨防災教育國際實務経験研討会」を新北市で開催しました。セミナーには、日本台湾交流協会の門田健太朗主任と日本の防災専門家3名が招かれ、日本の防災教育の経験を紹介しました。 セミナーでは今年3月に宮城県を訪れて交流をおこなった防災教育人員がその経験を紹介し、3名の日本の専門家の講演後、実際に防災教育

Comments


bottom of page