top of page

台湾カルチャーフェスティバル、上野恩賜公園にて開催

台湾のグルメ、音楽、デザインを組み合わせた台湾カルチャーフェスティバルの「TAIWAN PLUS」が9月16,17日、上野恩賜公園にて開催されます。北霞海城隍廟の「霞海城隍爺」と艋舺青山宮の「青山王」のご神体が台湾から海を渡って会場にお目見えし、より台湾味の溢れるイベントとなります。


中華文化総会の李厚慶秘書長は、「TAIWAN PLUS」の「T」は台湾のTであり東京のTでもあると述べており、今年の「TAIWAN PLUS」は「台日一緒に」をテーマにイベントやブースが展開されます。また、100社を超える台湾の有名メーカーが参加するお土産品の特設展が増設され、「絶対買うべきお土産10選」が紹介されます。


TAIWANPLUS 公式ホームページ


関連記事

新総統就任式典のデモフライト、予行演習を実施

5月20日に開催される新総統就任式典で披露されるデモフライトの初回となる予行演習が5月13日早朝に行われました。式典当日は陸海空軍の軍用機52機による空中パフォーマンスがおこなわれます。13日は23機での予行演習が予定されていましたが、天候不良の為、規模を縮小して5機でおこなわれました。 全機が参加しての予行演習は15日、17日の午前6時から7時半の時間帯で実施予定です。また、式典前日の19日には

微風広場でVIPイベント「微風の夜」、売上高は過去最高に

ショッピングセンターの微風広場(ブリーズセンター)で5月10日夜、年に1度のVIP客向けイベントの微風の夜「Parisian Night 浪漫巴黎之夜」を開催しました。微風グループによると売上高は14億6,000万台湾元(約70億2,000万円)で、昨年比4.3%増、過去最高額となりました。また、1,000万元以上の購入は20人、100万元以上の購入は139人で、どちらも昨年より増加しました。 微

ドラゴンボートレースの「点睛の儀式」、蒋万安市長が出席

端午節に開催される「2024台北國際龍舟錦標賽(台北国際ドラゴンボートレース)」の点睛の儀式が5月11日、洲美里屈原宮(台北市北投区)で行われました。点睛の儀式は、ドラゴンボートに描かれたドラゴンに目を書き込む儀式で、台北市の蒋万安市長も儀式に参加してレースが順調に開催されるよう祈祷しました。 2024台北国際ドラゴンボートレースは6月8~10日に基隆河で開催されます。今年は過去最多となる5,10

Comments


bottom of page