top of page

台湾ランタンフェスティバル閉幕、来場者延べ1,500万人に

台南市で開催されていた「2024台灣燈會(台湾ランタンフェスティバル)」が、3月10日で閉幕しました。36日間の開催期間の来場者数は延べ1,500万人を突破しました。閉会式では、開催都市の台湾燈會ちょうちんが、台南市の黃偉哲市長から、来年の開催地である桃園市の蘇俊賓副市長へと手渡されました。黃偉哲市長は、「台灣國際蘭展」と「世界蘭展」が同時に開催され、期間中にはスマートホン向けゲームアプリ「Pokémon GO」 のリアルイベント「Pokémon GO シティサファリ」も開催され、相乗効果で地域経済の活性化をもたらしたと述べています。


また、台南市が中華電信に委託して行った調査によると、ランタンフェスティバル期間中に台南市を訪れた旅客の平均支出額は1人当たり1,629台湾元(約7,600円)で、ランタンフェスティバルの経済効果は240億台湾元(約1,120億円)に達する見込みです。

関連記事

台東国際バルーンフェスティバル開幕、今年で14回目

台東県鹿野郷で7月6日、今年で14回目の開催となる「台湾国際熱気球嘉年華 (台湾国際バルーンフェスティバル)」が開幕しました。今年はサンリオの人気キャラクター「ハローキティ」の50周年をテーマに、14カ国から40機を超える熱気球が参加しています。開催期間は8月19日までの45日間。 初日となる7月6日は早朝より開幕式がおこなわれ、21機の熱気球が飛び立ちました。来場者数は花蓮地震の影響から例年に比

帆船で台湾一周、460人の児童・教員がリレー方式で

宜蘭県蘇澳港で7月5日、大型帆船2艘でリレー方式で台湾を一周するプロジェクトの出発式がおこなわれました。プロジェクトは宜蘭県立岳明国民中小学(小中一貫校)が企画したもので、海に近い台湾の学校36校に呼びかけ、合計460人の児童・教員が参加します。蘇澳港を出発後、反時計回りで28日かけて台湾周辺海域を一周します。1,939キロメートルの航路で、途中で中国福建省に近い離島の東引や金門、台湾海峡の離島の

NHKと公視が合同製作の阿里山鉄道番組、屋外で上映会

NHKと台湾の公共放送の公視(PTS)が合同制作したドキュメンタリー番組「神木之森:阿里山森林鉄道紀行」が、7月4日午後9時から台湾の地上波で放送されます。それに先がけ6月29日に国家両庁院広場で屋外上映会がおこなわれ、2,000人を超える市民が集まって大型スクリーンで映像を鑑賞しました。番組は最新の8Kスーパーハイビジョンと22.2マルチチャンネル音響技術を使用した臨場感溢れる映像で、阿里山の壮

Comments


bottom of page