top of page

台湾人旅行者が隔離措置免除でシンガポールへの入国が可能に

シンガポール政府は12月11日、 12月18日から台湾の人が条件付きでシンガポールに隔離措置を免除して入国する事を認める発表しました。

台湾の旅行者はシンガポール到着までの14日前は台湾にいたことを示す記録を提示する他、 出発の30~7日前までにシンガポールの民間航空庁にオンライン申請をし、 シンガポール入国時のPCR検査を受ける必要があります。 入国時のPCR検査が陰性の場合、シンガポールでの隔離措置が免除されます。

シンガポールの発表により、両国間の経済貿易面での往来が促進されるほか 今後両国が隔離なしでの往来を認める「トラベルバブル」の実施検討に繋がると期待しています。

関連記事

医療機関などでのマスク着用、「義務」から「推奨」へ

新型コロナウイルス対策により2020年12月1日より義務化されていた医療機関、介護施設でのマスク着用が、5月19日より「義務」が解除されて「推奨」へ調整されます。今回のマスク着用義務の解除で、台湾のすべての場所でのマスク着用義務が解除されることになります。 推奨に調整されますが、体調が優れない場合や、妊婦や高齢者、病院や人が密集する場所へ赴く場合にはマスクを着用するよう注意を呼びかけています。

交通部観光署、台湾観光の新キャッチフレーズとロゴを公開

交通部観光署が5月6日、台湾観光PRの新たなキャッチフレーズ、ロゴなどを公開しました。2011年より13年間使用したキャッチフレーズ「Heart of Asia」から、新しいキャッチフレーズは「Waves of Wonder」となり、ロゴのTAIWANの文字は、台湾の山脈、海洋、道路や鉄道をイメージした曲線を使用したデザインとなっています。 観光署の周永暉署長は、新しいキャッチフレーズやロゴなどは

Comments


bottom of page